バスケのデータ見ながら語ります。

レブロンの大活躍について考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

レブロンを評する言葉は様々ありますが、最もしっくりきたのはシャックによる表現

「レブロンはマジックとシャックのミックス」

シャックが言ったのは昨季の話ですが、そんな言葉に吸い寄せられるように近づいているのが、今季の活躍ぶりです。

好調なキャブスオフェンスの中で、レブロンはどんなマジックであり、どんなシャックなのかを探ります。

, , ,

今季のキャブスがどうなっているのかを確認しながら、ウォーリアーズとのクリスマスゲームに向けて楽しみを広げてみようという企画です。

アーヴィングが抜けてレブロン頼みが進んだチームと勘違いされる事もありますが、今季のキャブスは紆余曲折を経て、チームオフェンスによる多様性を手にいれ、個人に頼らないチームに変貌しています。

これまではレブロンのレブロンによるレブロンのためのオフェンスが構築されていましたが、今ではチームの中でレブロンが活かされる形になりました。

それが結果としてキャリアハイとも言われる好成績に繋がっているのです。

時には人ならざる存在と言われるレブロンは、キャブスの中でどう活かされているのかを考えていきます。

, , ,

◉FG%の高水準

FG 54.8% → 57.0%

今季の最大の特徴はFG%の向上です。元々化け物スタッツなのですが。

多彩なスキルを持つレブロンではありますが、実際にはスキル面ではハーデンなどに比べれば大きく劣ります。スピードの緩急と相手の動きを読んだステップ、ブロックをかわすシュートスキルを比較すればそこまでスキルは高くはありません。 しかし、それらのスキルを筋力面で補ってしまうのがレブロンです。

例えばハーデンは緩急を使ってディフェンスを誘導した上で、左右のステップワークでディフェンスの逆を突きます。ディフェンスからすると前後左右に振られて体勢を崩す上に、シュートポイントがわからないためブロックに跳ぶタイミングを測れません。 なので、時にはフェイクの対象外の後ろから来た選手にブロックされる事があるわけです。

レブロンはそもそもフィニッシュに緩急はほぼ使いません。緩んでしまうよりもスピードをつけた方が推進力があり強さを発揮しやすいからです。 同じくステップを踏みますが、割と筋力で強引に踏み込めてしまいます。ディフェンスをかわすため、ではなく正面に立たせない(チャージングしない)ために相手の軸をブレさせています。相手が触れてくれば&ワンです。

相手をかわすためのスキルよりも、自分のコースを確保するためのスキルを使う印象です。進路を確保すれば圧倒的なパワーで突き進める算段です。

この辺がシャック。

, , ,

◯2PFG 65.0% → 66.5% ◯2Pアテンプト 12.7 → 13.1

そんなプレーは高い2PFG%を生み出しています。殆ど変わらない昨季からの数字ですが、若干アテンプトが増えています。

シュートの内45%をノーチャージエリアで放つレブロンはシャックのような決定力を持っています。実は「ゴール下か3P」の最高峰と言えるレブロンです。

その中で変化したのが、このノーチャージエリアでの被ブロック率

◯5フィート以内のブロック率
7.9% → 5.6%

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「レブロンの大活躍について考える」へのコメント

今回は褒める企画なので触れませんでしたが、レブロンだけでなくチームとしても効率ばかりみているような感じなんですよね。

そこは弱点だと思うのですが、相手が強くなってくると、その問題点が出てくる気がしています。

ウォーリアーズ相手に出てくるのかどうか。

レブロンの大活躍について考える

昨季のレブロンベンチでリード大量に溶かすチームからの大変貌で、嬉しいです。特にカルデロンがだいぶハマってるし、グリーン、クロウダーも徐々に馴染んできたし、セカンドオプションでレブロンっていうのは相当相手にとって脅威でしょうね。ただwhynotさんおっしゃるように相手エースを打ちのめす勝負論を見せて欲しいです。そこがコービーとの違いで効率優先が時に弱気に見える時があるし、ファイナル7回出場して3回しか優勝してないところなのかのなぁと思います。好きだからこそ極限状態ではやっぱ勝負して決めてリング勝ち取って欲しいです。

こんな記事も読みたい

20171224 ヒート vs ペリカンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/12/23 G25 #富山グラウジーズ🔥○86-76●新潟アルビレックスBB。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss