バスケのデータ見ながら語ります。

20171224 ヒート vs ペリカンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

素晴らしいオフェンス力で5割しか勝てないペリカンズと酷いオフェンス力で5割勝っているヒートです。その違いはディフェンス力なのは言うまでもありませんが、両者の成績とレーティング差をみるとなかなか不思議です。

◯ペリカンズ +0.3 16勝16敗

◯ヒート △1.4 17勝15敗

ヒートの方が勝つ術を知っていそうです。

, , ,

◉ツインタワーとアデバヨ

開始からツインタワーで蹂躙していくペリカンズ。インサイドも小さいヒートなのでスイッチしなくても厳しい、スイッチしたらさらに厳しい。

さらにツインタワーが中外に引っ張るとホリデーとムーアがスペースを使っていきます。パスを出すのはロンド。ここのポイントはツインタワーが『中外に』という部分。中に引きつけて外というのが一般的ですが、カズンズが外に引きつけてリムプロテクターを1枚剥がしてくれます。

普通のピック&ロールではないので、対応し難いのだと思います。

, , ,

ドラギッチが戻っているヒート。好きなようにドライブさせてもらえます。またも目立つのはアデバヨ。ペリカンズのディフェンスは個人が止めないし、駆け引きもしないでヘルプに出てくるので最後はアデバヨが空く形、カズンズがボールを持たせているという事も大きいです。

満遍なく得点していくヒート。やりたい放題というか、簡単に穴を見つけられる感じ。

カズンズがベンチに下がるとオフェンスリバウンドで目立ち始めるアデバヨ。アデバヨは素晴らしいけど、本当に守る気不足のペリカンズ

デイビスがチェックに出た時に、リバウンド気にせず前を走るシーンもありました。散々オフェンスリバウンドをとられているのに、関係ないさ、オフェンス命という雰囲気

ヒートは小さくても走るシーン気持ちはあまりないので、しっかりとリバウンドをとっていきます。

, , ,

◉ハイペース、ローペース

お互いにセカンドユニットの概念が小さいチームですが、その理由は全く違います。

ペリカンズはツインタワーのどちらかはコートにいて、ワンセンターに適した選手を出していきます。クオリティが落ちないというよりはまったく違うシステムになるわけですが、2人同時に出る時間も限られるので。

ヒートはそもそもベストメンバーがスターターに並ぶわけではなく、選手交替を繰り返しながら試合を通して同じクオリティで戦います。

明確にペリカンズが求めるハイペースで始まった試合は、ワンセンターになると蹂躙されなくなり普通の守り方で対応出来るようになり、途端にローペースに持ち込まれます。それはヒートの注文という事で、ジェームス・ジョンソンのブザービーターでヒートが1点リードして1Qが終わります。

, , ,

◉流れはディフェンスから

2Qになると3Pを決め合う展開になります。何がそうさせているのか?

おそらく1つにはセンターがカズンズに変わって、インサイドにポジションするのだけれどデイビスと違い動かない事。何というか、分かりやすいオフェンスの構図。

中に絞って空いた外から打つペリカンズ。そしてそのシュートがよく決まるようになったのがペリカンズの変化です。シーズン序盤は全く決まらなかったのに。

とにかくボールムーブが改善されています。うーん、なんでだろうか。

, , ,

ヒートは単純にエリントンが積極的に打っていくから。このエリントンが決まらなくて、ペリカンズがリードしていきます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171224 ヒート vs ペリカンズ」へのコメント

たまたま時間がちょうど良かったので確認してみたのですが、よく言えばディフェンスを頑張れた事で一気に流れを掴めました。


ビッグマン2人のオフェンスは機能しているのですが、確かに一貫性は感じれないんですよね。

うーん、難しい。

「20171224 ヒート vs ペリカンズ」へのコメント

さっそくペリカンズ触れていただいてありがとうございました。

なんというか、どうもペリカンはまだ全体で一貫したスタンスってのが見えづらくて困るなぁと思ってます笑

今の時代ビッグマンコンビってほんとロマンあって好きなんですけどね。

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/12/23 G25 #富山グラウジーズ🔥○86-76●新潟アルビレックスBB。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか【バスケのデータ見ながら語ります。】

今のところホームとアウェイの成績って差があるの?【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2017794

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss