バスケのデータ見ながら語ります。

レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

『今季のレブロンはキャリアハイライトの活躍をしている』

高卒でNBAデビューしてから伝説的な活躍をしてきたキングですが、そんな声も上がるくらいの大活躍をしています。

しかし、もうすぐ33歳になる選手が更なる成長を遂げたなんて事があるのでしょうか?

人間の心を持ったゴリラとさえ呼ばれるくらい異様なパワーを誇る肉体が未だ衰えぬだけでも驚異なのに、更にパワーアップしたのでしょうか?

そこにある変化が何なのかについて語り、直前に迫ったウォーリアーズとのクリスマスゲームに備えるのが今回のテーマです。

, , ,

◉昨季からの変化

出場時間 37.8 → 37.3 得点 26.4 → 28.4 FG 54.8% → 57.0% 3P 36.3% → 41.1% アシスト 8.7 → 9.2 リバウンド 8.6 → 8.2 ブロック 0.6 → 1.1

目立つのは ・FG%と3Pの高確率 ・アシスト ・ブロック

この三点です。一時期はプレータイムの長さが話題になりましたが、大勝する試合が増えてきたため、昨季よりも減っています。

そう、実はここが重要です。

レブロン頼みのチーム

アーヴィングが抜けたキャブスにおいて1人で全てを背負っている

そんな意見が一般的に広がりましたが、実は今季のキャブスは出だしこそつまづきましたが非常に強い。レブロンの前にキャブスに触れましょう。

イメージで語るここまでのキャブスの変化です。とはいえ全ての試合をみているわけではないので、正確なわけでもありません。管理人の勝手なイメージです。「ここが違うよ」と言う方はコメントして下さい。

, , ,

◉ローズとウェイド

開幕当初はローズとウェイドがスターターでした。この2人が悪かったとかではなく、この形はアーヴィングの所にそのまま当てはめようとしていました。当然の失敗です。

それはドライブ役とシューター役が分かれますが、どっちつかずのウェイドとシューター役をこなし切れないローズとクラウダーです。

このまま続けてもそこそこ結果は出たと思いますが、個人成績も悪かったウェイドがベンチスタートにしてくれと自分で言い出します。更にローズがケガをします。 つまり、どちらも偶然的に外れます。

この頃はレブロン頼みは甚だしく、チームでやろうとして得点はあまり伸びなかったので、一回は狂ったように個人で57点なんて試合もありました。

◉シャンパートとJRスミス

出てきたのはこの2人。クラウダー、レブロンと合わせて少し同じような選手が並び始めます。シューターメインだけどドライブもしていく。ベンチのグリーンも含めてポジションレスのスタートです。

レブロンがポストアップするケースも増えてきて、スペースの取り方が変化します。起点がインサイド寄りになり、ドライブ→キックアウトがメインだったオフェンスから、選手が動いてパスを通す形が増えます。

◉コーバー

ここから連勝が始まりますが、その中で神様、仏様、レブロン様、いやコーバー様が登場します。4Qに現れる3Pキングは逆転劇を生み出し続け、チームに自信を植え付けます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか」へのコメント

カイリーファンには厳しいでしょうね。今の状態だとレブロンではなくカイリーに問題があったようになりますね。本当は単にクラウダーやグリーンがいる事が大きいのですが。
カイリーにはセルティックスで完全な中心選手として頑張ってもらうという事で。


個人的にはウェイド不要派なのですが、ご指摘の内容はその通りだと思います。カイリーやローズでは4Qの内容が全く違うものにせざるを得ないでしょうね。

これがアイザイア・トーマスが戻ってくると、これまた如何するのか?
ウェイドとの共演は未知の世界になりそうですね。

レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか

あんまり言いたくないですが、カイリーの移籍がキャブスを良い方向に向かわせましたね
毎試合ハイライトでプレーを見るくらいカイリーのプレーは好きですが、囮の動き(オフザボールやスクリーン等)が苦手なカイリーに今のキャブスの戦術は厳しいと思います
そして何よりもウェイドが2Qや4QでPGの役割を担っているのが大きいです
元々コンボガードと呼ばれ、カイリーやローズよりもアシストが上手いですから
これがSGだと勝手が違います

「レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか」へのコメント

ちょうど「ペリカンズやりたいなぁ」とは思っているのですが、正直よくわからないんです。

その理由の1つがADが出てたり出てなかったりも含めて、試合によってやっている事が良い意味でバラバラな感じがしています。

なので最近観た試合は、状況も毎回違って頭の中でまとまっていなかったり。

簡単になるかもしれませんが、近いうちに書くと思います。

「レブロン・ジェームズの大活躍は何故なのか」へのコメント

ペリカンズ推しなのですが、試合を観てても、今回の記事にも触れられてるように効率的に点を取っててなぜ勝てないのかが理論的に分かりません。
一記事作れとまでは言わないですが、できればどこかで触れていただけないでしょうか。

こんな記事も読みたい

今のところホームとアウェイの成績って差があるの?【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171221 ヒートから学ぶセルティックス対策【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171221 ナゲッツ vs ウルブズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss