バスケのデータ見ながら語ります。

ウォール&ビールが直面する壁

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン前のウォールとビールはやる気に満ち溢れ、強気な発言を繰り返しました。昨季の49勝は彼らにとって自身にもなり優勝を現実的な目標と考え始めたわけです。管理人もそこに期待しセルティックスを上回るイースト2位予想にしましたが、実際には5割前後にいる体たらく。

ウォール&ビールよ、それで良いのか?

, , ,

サンダーの低迷は期待はずれだけど、チーム再構築に失敗しているだけです。しかし、ウィザーズに関しては昨季のメンバーそのままにシーズンを迎えており、中心選手はゴータット33歳以外は若く充実している時期です。

ウォール 27歳 ビール 24歳 ポーター 24歳 ウーブレイ 22歳

まだまだ伸びる時期の中心選手達

昨季のチームの問題点はベンチの弱さでした。スターターは良いけどベンチがダメダメ。ウーブレイがディフェンスを頑張るくらいで他はもう全く。

今季はウォールが11試合、モリスが8試合欠場しているので、代役となるベンチの影響が大きかったのでしょうか。

, , ,

◉ベンチの底上げ

昨季はシーズン通して試合に出ていたのはウーブレイくらいでした。補強したボグダノビッチは活躍しましたがペイサーズへ。不安な開幕となりましたが、穴を埋める選手も現れました。

◯ケリー・ウーブレイ 28分 11.2点 FG40.9% 3P36.4%

◯マイク・スコット 19分 9.3点 FG57.2% 3P42.4%

特に目立つのはこの2人。スコットはウィザーズで最もFG%が高い選手です。成長株だったウーブレイはともかく、スコットが台頭した事で単にベンチの層が厚くなっただけでなく、ビール、ポーター、ウーブレイ、スコットとサイズがあってどのポジションでも守る選手が増えました。 1.2ブロックを記録するウォールとサイズがあるサトランスキーも含めて、大きなスモールラインナップが採用できるようになり、戦略の幅が広がりました。

, , ,

◯トーマス・サトランスキー 17分 5.4点 FG48.8% 3P40.0%

◯ティム・フレイジャー 17分 3.7点 FG41% 3.6アシスト

ウォールの欠場時も2人の控えPGが穴を埋めました。まぁ大きすぎるので簡単には埋まりませんが、ウォールっぽいフレイジャーと全く違うサトランスキーです。

スタッツの通りサトランスキーはシューティング能力が高いので復帰後も重用されそうです。

シュートが決まらないミークスとジェイソン・スミスの大問題はありますが、昨季を考えればかなり強くなったベンチメンバーです。

細かく言えば問題点はあるものの、不満といえない十分な活躍をしているベンチメンバーでした。優勝を狙うには微妙ですが、ロールプレイヤーはしっかりと揃いました。

そんなわけで「やっぱりベンチが弱いチームだからなぁ」とは言わせないわけです。しっかりと層が厚くなり、スモールラインナップ合わせも出来るチームになりました。

戦力的には充実したはずなのに勝ててない。それが今季のウィザーズです。

なお、昨年にセンターの控え、ゆくゆくはスターターとして高額契約したマヒンミは昨季に輪をかけてダメ。ジェイソン・スミスもダメなのでセンターは悩ましいです。

, , ,

◉落ちたオフェンス

昨季からのチームスタッツの変化を見てみます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:
ウォール
ウィザーズ
ビール

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171219 レイカーズ vs ウォーリアーズ 〜コービー!〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171217 スパーズ vs マブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ドノバン・ミッチェルが恐ろしい!【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss