バスケのデータ見ながら語ります。

20171219 レイカーズ vs ウォーリアーズ 〜コービー!〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

コービーの永久欠番式典が行われるレイカーズvsウォーリアーズ。

全てをレイカーズ目線で、コービー目線でレポートしてみましょう。

出来るかな。

, , ,

◉コービー基準で考えるエース達

ウォーリアーズはデュラントにシューターのトンプソン、ゴール下のマギー、それに中と外の万能型であるマコーとジョーダン・ベル。こっちの方がコービーっぽいよ。

「困ったらオレが決めるから、取り敢えずお前ら頑張りな」というコービーみたいなポジションをとるデュラント。デュラントが怖いから他の選手はスペース有利にプレーできる状態です。

レイカーズはロンゾのアシストが冴えます。コービーならばもっとリングに向かっていきディフェンスが近寄ってきてパスを出しますが、ロンゾはリングとは違う方向に誘導してスペースとフリーを作ります。その能力は素晴らしいけど、エースの働きとはまた違います。

代わりに3Pを積極的に打ちます。確率が批判されるけど、ルーキーイヤーのコービーはエアボール連発してプレーオフで敗退したよ。決まらなくても強気なのは大切な事。でも打ちまくるのはちょっと違う。

, , ,

コービーのセレモニーまでに負けているわけにはいかないレイカーズはかなり気合の入った感じ。クズマの登場で湧くのは最もコービーの匂いがするからかな。

イングラムが積極的にいきます。スピードはあるし手の長さを活かしたフィニッシュもありますが、あまり確率が良くありません。

ボールを持つと積極的なのは良いのですが、状況確認が甘い。コービーは自分のマークマンは絶対に抜けるから、ヘルプディフェンスの位置をみて仕掛けていたと解説していました。 イングラムに足りないのはそういう所。手が長くミドルシュートも楽に打てるのだから、もっとフィニッシュの方法を思考してからドライブを仕掛けるべき。

, , ,

両チームとも走りますがギリギリの所で防ぐ場面が多かったのはレイカーズ。負けられない。

特にKCPがよく戻っています。コービーもチェイスダウンブロックをよくしていたし、単に諦めないというよりも、味方がボールを失った瞬間の走り出す速度が速い。コービーはトランジション良くなかったけど、戻るのは速かった。

トランジションが早いのはイグダラ。スピードがあるわけではないのに。チームが困ると働くのはオドムっぽい。どこでも守るし。 なんとも言えないけどイグダラが入ったあたりからウォーリアーズが追いつきます。主にレイカーズがオフェンスで困ったから。

リードを許した事でデュラントが個人で攻めていきます。コービーっぽい。この辺のなんとかしてしまう感。 難しい事はデュラントが担当して、周囲にはイージーシュートを打たせる。コービーっぽい。

レイカーズが気合いと共に有利に進めたはずの1Qはコービーっぽいデュラントとオドムっぽいイグダラがペースを整えてしまい、最後に捲し立てて8点ウォーリアーズリードで終わります。

オフェンスで困りすぎのレイカーズ。

WE WANT KOBE!

, , ,

◉8がデュラントなら24はトンプソン

コービーがベンチに戻ると途端に苦しくなるウォーリアーズ。如何にコービーの存在が周囲にイージーシュートを打たせていたのか。あぁデュラントね。

レイカーズはクズマで点差を詰めます。イングラムとの比較で言えば、フィニッシュのイメージが出来ているクズマ。特別なプレーよりも選択肢で決めているタイプかな。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171217 スパーズ vs マブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ドノバン・ミッチェルが恐ろしい!【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/12/17 G23 #富山グラウジーズ●64-66○横浜ビー・コルセアーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss