バスケのデータ見ながら語ります。

ウォーリアーズ 対 ブレイザーズ 第2戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーリアーズ 110 ブレイザーズ 81

第1戦は出来うる抵抗を最大限にしたのに、このために獲得されたといわんばかりのデュラントの活躍で接戦を落としたリラード&マッカラム。

そのKDはケガで欠場。もともとシーズン終盤で復帰してから試合に出続けていたので、本当は出れるけど休養させた可能性もある。

注目は第1戦で不調だったトンプソン。ウォーリアーズは不調だった選手を次の試合で積極的に使う事をする。 極強のウォーリアーズだけど、長いシーズンを勝ちまくっているのは、こういうメンタルマネジメントの部分だったりする。 シーズンで苦戦するキャブスのティロン・ルーには全く出来ないマネジメント。

そんな事を考えていた試合は、トンプソンの3Pで始まり、約6分で8点をとったトンプソンの活躍でリードを奪ったウォーリアーズが、その後一度も逆転される事なく大差で第2戦を勝利した。

点差ほどウォーリアーズが良かったわけではなく、カリーとトンプソンは2人とも30%台のFGに終わっている。 それでもディフェンスがあるのがウォーリアーズの強みで、第1戦でタフショットを決めていたブレイザーズだけど、3Qが27%の成功率では追いかける気力も失われるというもの。

なんなく終わったこの試合は第1戦を引きずってしまった感じ。だからブレイザーズは忘れるだけだろう。

トンプソンにリベンジさせたウォーリアーズだけど、トータルではまたもシュートが入らなかった。 それでも勝てているので、カンファレンスファイナルに向けて徐々に調子を上げてくれれば、くらいで計算し始めるかもしれない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
トンプソン
カリー
ウォーリアーズ
ブレイザーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロケッツ 対 サンダー 第2戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

クリッパーズ対ジャズ、プレーオフ第1ラウンド途中経過【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

シャックの息子Shareef O'Neal 進学先表明!18年入学の超有望株!大学は1年?2年?父も大喜び!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

バスケコーチ
  • 昨日のページビュー:7480
  • 累計のページビュー:391077

(07月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FA・トレード 20170717
  2. バトラーのトレードを考える
  3. FA・トレード 20170706
  4. FA・トレード 気になるチーム
  5. 今季のキャブスを振り返る
  6. FA・トレード 20170703
  7. ウォーリアーズの今季を振り返る
  8. 2017 ファイナル第3戦
  9. 2017 ファイナル雑感 気になった戦略編
  10. クリス・ポールについて考えてみる①

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss