バスケのデータ見ながら語ります。

ドノバン・ミッチェルが恐ろしい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今季の新人王は開幕10試合で既にベン・シモンズに決まったようなものです。大豊作と呼ばれた今年のドラフトですが、シモンズは新人王最有力候補に相応しいどころかオールスタークラスの活躍をしています。それくらい圧倒的な力を感じさせる選手です。

しかし、そんな圧倒的なシモンズなのに、早くも逆転新人王の可能性を感じさせる選手が出てきました。

それがユタ・ジャズのドノバン・ミッチェル。

その信じ難い活躍はレジェンドクラスと比較したくなり、近い将来の得点王候補になると感じさせます。

オールラウンダーが増えた中で、驚異的な身体能力だけでなく高い得点力は一味違う魅力を感じさせます。このレベルの得点能力を持つルーキーはデュラント以来ではないでしょうか。

レブロン以来のシモンズ デュラント以来のミッチェル

そんなレベルの期待度。さぁドノバン・ミッチェルを分析してみましょう。

・・・・・・

ルイビル大卒 大学2年時 15.6点 2.7アシスト 2.1スティール

1年時はベンチだったそうですが、2年目の活躍により今年のドラフトにアーリーエントリーしました。 13位でナゲッツが指名すると、トレイ・ライルズ(2015年12位)+24位指名権とトレードでジャズが獲得しました。

そもそも13位レベルの結果は残していなかったミッチェルですが、ドラフトコンバインで高い能力を示し評価を大きく上げました。

そんな選手はちょくちょくいるみたいですが、驚いたのは代償を払ってまでジャズが獲得に動いたことです。チームでやるぜ!を徹底するジャズは身体能力系よりもバスケへの理解力を重視するからヘイワードをスターに出来るチームだと考えていました。

そんなジャズが身体能力で選ぶという大胆なチョイスをしたのは、ミッチェルが学べる選手と判断したからのはずです。だからこそ注目していました。

どんな身体能力なのかをドラフトコンバインの結果からみていきます。

, , ,

◉身体的特徴

185cm 95kg ウイングスパン208cm

この身体的特徴はドラフトコンバインの平均的な数値と比較するとPGとしては標準の身長、SGとSFの間くらいの体重、SFくらいのウイングスパンです。

体脂肪率5.9%なのでNBA選手としては標準ですが、身長に対して重いのでかなり筋肉量が多い事がわかります。

小さい割には手が長く、そして筋肉を纏った選手です。この身長ではルーキーどころかリーグで最も体重が重い選手です。

, , ,

3/4コートスプリントではルーキートップでしたが、シャトルランやレーンアジリティではガードとしてはかなり遅くなります。 一方向へのスピードは抜群ですが、切り返しを多く含む細かい動きの敏捷性には欠けています。

スタンディングジャンプは36.5インチでルーキートップの数字です。昨季のダンク王グレン・ロビンソンくらい飛びます。重いけど跳べるのは魅力的です。

ちなみにドラフトコンバインはトップクラスの指名選手は参加しないので、本当にNo.1かはわかりません。

, , ,

つまりドノバン・ミッチェルはガードサイズのアンテトクンポみたいなイメージでしょうか。

細かいステップワークや動きの量で勝負するよりも、当たり負けしない身体で直線的にリングに向かい、高いジャンプ力と長い手を使ってシュートを決めていく身体的な特徴がありそうです。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:
シモンズ
ミッチェル
ドノバン
ジャズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/12/17 G23 #富山グラウジーズ●64-66○横浜ビー・コルセアーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171216 セルティックス vs ジャズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/12/16 G22 #富山グラウジーズ●58-76○横浜ビー・コルセアーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss