バスケのデータ見ながら語ります。

20171216 セルティックス vs ジャズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し負け始めたセルティックス。自慢のディフェンス力に綻びが出始めて圧倒的だったディフェンスレーティングが100まで悪化中。まだ1位ですが。

そんな1位の座を狙いたいジャズ。こちらはディフェンス以上にオフェンスが好調。

イメージだとセルティックスディフェンスをジャズのオフェンス力では打開できないように思えますが、ここ10試合ならばディフェンス怪しいセルティックスにオフェンス好調のジャズが挑む形です。

, , ,

◉ゴベール・・・

早速、事件が。 ベインズとのリバウンド争いで押し出されたフェイバーズが倒れた先には、こぼれ球を拾ったゴベールの足が。再び捻ってゴベールは退場となります。うーん、前回は悪質だと批判してたけど、ケガの仕方も悩ましいゴベール。

頻繁に演技するエンビートがわざと倒れていると発言したらしいですが、その理由は力を逃してケガのリスクを下げるためだと言います。そんな理論があながち間違っていない気がするケガの仕方でした。

仕事の早い放送局が流したのはフェイバーズのスタッツ

◯ゴベール出場→欠場 9.6点 → 16.5点 5.0R → 9.3R FT 1.6本 → 4.4本 FG50% → 61%

特にFGがなぁ。フェイバーズだけの方が効率的なシステムのジャズだったりします。そんなわけでよりオフェンス志向になりそうなジャズ。

, , ,

◉ブラウンとイングルスのディフェンス

次回のテーマ予定はドノバン・ミッチェル。それを否定するかのようにフォロワーを増やしてくれたジェイレン・ブラウンがミッチェルを完封します。

自然なマッチアップではありますが、おそらく狙って潰しに行っているスティーブンス。またも異常なディフェンス力をみせるブラウン。圧倒的な存在感でした。

そんなブラウンをイングルスが抑えに行きます。こちらは非常に上手いディレクションでコースを潰していきます。学びそうなブラウン。

このイングルスのコースを塞ぐ上手さにやられるプレーヤーは数多くいます。レディックやクレイ・トンプソンなんかも苦労しています。わざわざブラウンにイングルスを当ててきたスナイダー。

テイタムとブラウンだとオフボールで仕事をするのはブラウンなので、そのパスコースを切ることでセルティックスのオフェンス分断を狙っていそうです。

見事に分断には成功しますが、あまりにも好調過ぎたのはホーフォード。3Pを連発し、ポストアップし、1人で得点を挙げてリードを奪います。

, , ,

◉決まらないセルティックス

出鼻を挫かれたジャズはミッチェルに渡しますがブラウンに防がれるので、ルビオスタートになります。ルビオのパスから得点も出るものの乗り切れません。リードを許したままセカンドユニットが出てきます。

ケガ人が戻ってきて、このセカンドユニットが厄介なジャズ。ジョー・ジョンソン、フッド、バークス。特にバークスはチームプレーのジャズの中で予想外の能力でシュートにくるので読みきれないし止めきれません。

セルティックスがホーフォードが下がると効率が悪くなり、その間にジャズのベンチが躍動する展開に。

久しぶりに観たのはそんなベンチを活かしたスモールラインナップ。セルティックスがスモールラインナップに振り回されるのはかなり珍しい気がします。

スモールといってもローポストアタックするジョー・ジョンソン。復帰直後で太った気がします。全く決まらなかったし。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
イングルス
ジェレブコ
ルビオ
アーヴィング
ミッチェル
ジャズ
セルティックス
ブラウン

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/12/16 G22 #富山グラウジーズ●58-76○横浜ビー・コルセアーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171216 バックス vs ブルズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171215 ウルブズ vs キングス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss