バスケのデータ見ながら語ります。

20171216 バックス vs ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

負けないクリス・ポール。 それよりも驚異的に負けないのはミロティッチ。

3勝20敗のチームに復帰すると4連勝。勝率1割にも満たないチームを4連勝させています。

『エース』のマルケネンが休んでも勝たせてしまうミロティッチは、雨降って地固まるならぬ、土砂崩れして政府が抜本的な地盤工事する、くらいの勢いでブルズを改善中。

まぁ基本的にはミロティッチ本人が悪いのですが。

, , ,

こちらも好調なバックス。

何故かちゃんとやる信じられないブレッドソー加入から、何故かエネルギー溢れるヘンソンにより全く違う雰囲気のチームになっています。

, , ,

◉個人技に移行しているバックス

シュートが好調なバックスが飛び出します。外から効率よく決めていきます。少し変わっているのはアウトサイドをボールムーブさせてシュートを狙い、同時に広いスペースを構築しているのでアンテトクンポとブレッドソーのドライブ力を活かそうとしているところ。

開幕当初はアンテトクンポに渡して個人技打開から展開するのがオフェンスの半分だったので、スタッツが下がってきたのはやはり戦術変更によるものです。

これが極端になるとロケッツなのですが、そもそも連携で勝負していたチームなので、あくまでもフロアバランスをとりながらバランス良く攻めているレベル。

バランス良ければアンテトクンポを止められないだろう?

そんなバックスの好調なシュートでリードを奪います。なんか左利きの見慣れないシューターまで決めるし、と思ったらお気に入りのゲイリー・ペイトンjrでした。いつの間にかスターターに!

, , ,

◉ブルズとミロティッチ

プレシーズンのブルズは『高速パス交換+スクリーンコンフュージョン』と名付けたパス交換とスクリーンを連続する形で3Pを連打するプレーをしていましたが、開幕すると全く。

その理由はミロティッチとマルケネンがキーポイントになっていたからです。外から狙えるビッグマンはスクリナーとしてシューターとして、そしてマークが緩いのでパス交換の中継役として機能させていました。

だからミロティッチ復帰でそんな形かと思ったら、バックスの個人ディフェンスに苦しめられてそんな場面は訪れず。

代わりに各自のプレッシャーが強いのでヘルプが遅くなり明らかに勝てるポイントで得点します。それはヘンソンvsロペス。地味に得点を繋いでいくブルズ。

半分がセカンドユニットになってくると盛り返し始めます。バックスの弱体化に対して、そこまで落ちないブルズ。

目立つのはクリス・ダン。ペイトンとブレッドソーのディフェンスから解放されると、つまり個人のディフェンス力が弱まると抜けるし、キックアウトで3P決まるし。

つまりブルズは戦力としては弱いですが、ちゃんとオフェンスを構築できるチームです。そしてダンは成長が期待できるので、ブレッドソー程度は軽くいなせるようになるでしょう。未来ではなく、この試合の中での話。

1Q後半に一気に盛り返したブルズ。両チーム30点を超えるハイスコアでブルズが3点リードします。

◉バックスのスターターは止められないので

バックスがペイトン使っていたのはベンチのクオリティを落とさないためです。そのベンチもスターターと同じようにボールを回してコーナーからシュートを決めていきます。

しかし、スペースとってもドライブするのはブログトンだけなので差が生まれません。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ポーティス
ミロティッチ
キッド
ホイバーグ
ブログトン
アンテトクンポ
ブルズ
バックス
ダン
ロペス

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171215 ウルブズ vs キングス【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171214 ペイサーズ vs サンダー【バスケのデータ見ながら語ります。】

『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:4406
  • 累計のページビュー:2015103

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss