バスケのデータ見ながら語ります。

20171215 ウルブズ vs キングス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルブズは良くも悪くも面白味に欠けていて、試合を点でみるのと線でみるのとほぼ変わらないチームです。シクサーズ戦ではオーバータイムにもつれた試合で、エンビートを活かすシステムを徹底してきたのに対し、ボールを回して難しいシュートを選択して負けました。

それは考え方の面でシクサーズとの違いを感じさせられました。2人だけの中心選手のシクサーズと5人でやるよウルブズ。同じようなレイカーズは良い印象なのに、ウルブズは面白味に欠ける気がしてしまうのは不思議です。

キングスは若手が多くてさらに次々に新しい若手が出てくる面白いチームなのに、そんな若手達を伸ばそうとしているのか、活かそうとしているのかイマイチよく分かりません。こちらもなんとなく面白味に欠けます。

ディアーロン・フォックスを新人王にするようなやり方をするかと思いきや、チームオフェンス徹底でボールを回します。元々アンセルフィッシュ(というか大学でワガママな相棒を抱えていた)なので、必要以上に回していて個人勝負の場面が全く訪れなかったりします。

「チームバスケをしているようで個人の爆発待ちのウルブズ」 vs 「個人の成長を促そうとしているけどチームバスケをする方が大切なキングス」

似ているようで真逆だったりします。

, , ,

◉似てない両チーム

ジョージ・ヒルとバトラーが対抗していく形になりますが、全体で回してシュートチャンスにボールが届いてキャッチ&シュートのヒルに対し、ボールが回ってきたので個人のドライブで勝負するバトラーと分かりやすいベテランズ。

キングスは合わせのプレーを多用しますが、バトラーやギブソンのフィジカルなディフェンスにオフボールムーブのコースを邪魔されてなかなか成功しません。その分外が空くので、コーナーからの3Pが目立ちます。

ウルブズはウィギンズ&タウンズがいつも通りムリの少ないシュートを選択していきます。ここが肝になっていて守り難いので、他の選手にヘルプし難い形になります。

, , ,

◉タウンズとコーリーステイン

ベンチからボグダノビッチ、フランク・メイソンが出てきてランドルフと3人でそれぞれが少しずつワガママになります。フォックス君もこれくらいはワガママで良いと思うよ。

難しいのはワガママが成功すれば有利になり、失敗すれば不利になります。ランドルフが成功して追いつきそうになりますが、ボグダノビッチが失敗したのと、メイソンが働けなかったのでウルブズがリードしていきます。

次第に悪い意味で目立ち始めるコーリーステイン。素晴らしいブロックを決めたりしますが、タウンズに手も足も出なくなります。

タウンズは前の試合の後にディフェンスの酷さをエンビートにおちょくられました。その反省からか、コーリーステインにスキルが足りないからか、ゴール下を完封していきます。

コーリーステイン自身はよく合わせのプレーをしていますし、ミドルレンジからゴール下まで動きも豊富です。でも最後の所に手を出せば外してくれます。良い点も課題も多い選手。

キングスでショックなのはヒールド。シーズン前は今季のMIP候補に上がるほど躍進が期待されたシューターはシーズンが進むにつれて、チームと合わなくなってきています。 ボールをもらってからシュートまでの足の動きが入らない感覚満載です。

そうみえたらこの5試合は好調らしいのでよく分からなくなってきます。

, , ,

◉ウルブズの憂鬱

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ヒル
コーリーステイン
タウンズ
ウルブズ
キングス
バトラー

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171214 ペイサーズ vs サンダー【バスケのデータ見ながら語ります。】

『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171214 ネッツ vs ウィザーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2017794

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss