バスケのデータ見ながら語ります。

『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します

このエントリーをはてなブックマークに追加

「クリス・ポールがいなければ勝率が3割下がる。クリッパーズはクリス・ポールに頼りすぎ」

欠場すると極端に勝率が下がり、7割も勝てるチームから4割も勝てないチームになるので、そんな風にクリッパーズを揶揄したのが昨季でした。

しかし、そんなクリス・ポールがロケッツに移籍すると同じ現象が起きました。開幕戦のケガでシーズン序盤を欠場し、そこから復帰するとロケッツの勝率が3割上がりました。

ただし、今度は

いないと勝率7割。

いると勝率10割。

所詮は10試合。されど10試合。

「ボール持ちたがり、ドリブルしたがりが合わさっても機能しない」

ロケッツの好調自体は予想されたものですが、クリス・ポール×ハーデンにはそんな懐疑的な見方が多かったのも事実です。

そんな声は今や昔。誰も文句を言えないその勝率はこの先各チームからマークされ対策され、そして対策を凌駕するでしょう。

まずはここまでのクリス・ポール×ロケッツをまとめておきましょう。

なお、ロケッツの分析ではありません。ダントーニ好きの管理人としてはそのうち纏めたいです。

, , ,

◉クリス・ポール×ダントーニは最高!

管理人のシーズン前の予想です。 ・驚異的なダントーニシステムに必要なのは優れたPG。 ・7秒オフェンスはクリス・ポールの弱点を長所に変えてくれる。

そんな2人の関係性は予想通り最高峰の効率性を発揮しています。ダントーニシステムがよくわからない方は過去記事をお読み下さい。長いよ。

『スティーブ・カーとダントーニ 後編』 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/148

クリス・ポール曰く「スペーシングだけしているシステム」が、最高峰のゲームメイクをする選手にフィットするというのも皮肉な話だったりしますが、それがお互いがお互いの良さを引き出すというのは、ダントーニシステムが単なるスペーシングではない強さでもあります。

, , ,

◉クリス・ポールがもたらす恩恵

まずはチーム平均とクリス・ポール出場中のチーム成績を比較します。

◯オフェンスレーティング チーム 113.4 CP3 119.7

圧倒的なロケッツオフェンスにも関わらず、その効率性を高めてしまいます。いなくても110を超えていて、普通はそれ以上は非現実的な数字です。

「ターンオーバーを全くしない」前提でも 全て2Pシュートなら60% 全て3Pシュートなら40% それだけのFG%が必要な水準です。

3Pを多用するロケッツならばあり得そうに思えますが、実はチームの3P36.9%と確率は良くありません。つまり全部3Pを打っていても到達しない水準までオフェンスレーティングを引き上げていることがわかります。 同じレベルにいるのはシュート力の高いカリーです。あちらはそのまま自分が決める事で確率を上げていますが、正統派PGであるクリス・ポールは違います。

クリス・ポールがダントーニシステムにもたらしたものは圧倒的な効率性でした。

それはタイミングが重要でミスも起こりやすいシステムにおいてターンオーバーを減らした事、そしてディフェンスに警戒されているのに周囲のシュート確率を上げてしまうアシスト力に集約できます。

, , ,

アシストとターンオーバーについて、クリス・ポール出場中のチーム成績を比較します。 なお、下記のCP3については個人の成績ではなく、オンコート時のチームの成績です。個人については後述します。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:
ダントーニ
ポール
クリス
ロケッツ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します」へのコメント

ありがとうございます。

アリーザの役割はいわゆるスタッツに現れない非常に難しい役割なんですよね。コートに出ているメンバーの中で足りない全てをアリーザが補っていますね。

それにしても10ドルで観に行けるとは!
ヒューストンはバスケが流行らない街なんですかね?

世界的に見れば人気選手がいて奇抜な戦術していて注目度抜群なのですが、地元では大した事ないなんて!

プレーオフでの快進撃が起こる事を期待しています。

『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します

いつも面白くみさせて頂いてます。
試合を見に行くより、試合のハイライトより、スタッツを見るのが好きだったりしますので、
このサイトでの数値の分析、本当に素晴らしいです。

それでもヒューストンに住んでるので、ロケッツの試合はちょくちょく見に行きますが、
確かにハーデンとCP3が同時に出てる時の良さはあまり感じませんね。
CP3かハーデンが交互に出てくるシステムの方がいい気がしますけどね。
ハーデン、時々3Pの確率が2/11とかいう日もあるので、、、

チームとして頑ななまでにミドルシュートを打たない姿勢は面白いですが 笑
(打てる場面でも、わざわざ下がって3Pにするライアンとか)

それでも会場の空気を変えれるのはアリーザだと感じてます。
彼のディフェンスや、ここぞという時の3Pで流れが変わるを何回も見てきました。
一番の古株というのもありますが。逆にアリーザの代わりがいないのでは?と思ってます。

しかしこんなに強いのに会場がいつもガラガラなのはなぜ??涙
昨日の試合も4th Quarter はそうとう盛り上がってたのに、、、10ドルとかで席が買えます 笑


今後もロケッツの試合のレビュー期待してます!

こんな記事も読みたい

20171214 ネッツ vs ウィザーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018 #大塚裕土 選手がSNSファン投票:最多得票で初選出。#Bリーグオールスター【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ベンチメンバーでオールスター イースト編【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss