バスケのデータ見ながら語ります。

20171214 ネッツ vs ウィザーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにはネッツでも観ましょう。ラッセルのケガもあり遠ざかっていましたが基本的に良いチームです。しかしラッセルとリンという中心2人が離脱し、さらに要のトレバー・ブッカーも放出。

それでもガードには新しい顔が次々に出てきて、ホリス・ジェファーソンやらアレン、そしてオカフォーと有望株も揃え始めています。

イマイチなウィザーズ相手にどんな試合をするのか。

, , ,

◉ガードを活かすネッツ

ネッツはロケッツの次に3Pアテンプトが多いです。3位はキャブス。そんなチームはスペーシングで3Pの機会を増やしますが、ネッツは違います。

ネッツはオフェンス力が高いわけではありませんが、得点が多い、つまりペースの速いチームです。そんな若いチームはとにかオープンコートを走って得点していく個人技が中心だったりしますが、それもまた違います。

開始からオフボールスクリーンを多用してシュートチャンスを作ると思い切りよく打っていくアレン・クラブ。しっかりとチームで作るのですが、フロントコート入って3秒くらいでシュートになってペースが上がります。

さらにそこからウイングのキャロルがフローターを決めていきます。システマチックなネッツ。

, , ,

そんなネッツで少し例外的なのはホリス・ジェファーソン。システマチックになっている中で割と自由な判断でドライブを繰り返します。セルフィッシュかどうかは難しい所で、そうやってディフェンスを崩すので、オフェンスリバウンドも掴み取ります。

そんなホリス・ジェファーソンの躍動によりインサイドに絞られていくディフェンス。するとキックアウトされるわけですが、ここにもネッツの特徴が。

キックアウト先は主に両コーナーとトップの位置。3Pが多いチームはここにスペーシングしている選手がいますが、ネッツの場合はスペースとして空けておいて必要なタイミングで移動してキャッチ&シュートします。

移動するのはガード陣。

つまりネッツはガード2人が45°にポジションを取り、そこからトップと両コーナーへ移動する形をとっています。これはおそらくラッセル&クラブのシュート力を活かす作戦。

ハンドラーとしても活躍すべきラッセルですが、シューターとしても活躍させないと勿体無いわけです。でもケガでいない。

◯前半の3P クラブ 1/6 ディンウィディー 1/6 ハリス 1/3 ラベルト 2/2

そんなわけで見事にガード陣に打たせる事に成功しているネッツ。でも確率はイマイチ。入る日もあります。

ラッセル健在でクラブがしっかり決めていれば怖いチームなわけです。でも代役のディンウィディーもしっかりとやるべき事をやっているのが分かります。

シュートは決まらなかったものの、ターンオーバー5つとしっかりとプレーしたネッツ。前半は51点をとりました。

, , ,

◉プレーメイカー不足のウィザーズ

ウォールが復帰間近らしいウィザーズは、いない間に修行を積めたのはポジティブなのですが、とにかくプレーメイカー不足です。

ウォール&ゴータットで相手を切り崩し、シューター陣が決めていくのが昨季の形。スペーシングよりもオフボールスクリーンなどを使うのも特徴でした。

しかし、ウォールがいないとパスを狙いながらも自らドライブし切り崩す選手がいないので、ディフェンスも対応が簡単になり止められやすくなります。

ポーターやウーブレイといった有能なウイングがいるウィザーズですが、2人はあくまでも有利な状態でボールをもらって決めるフィニッシュ専門。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ホリス
ジェファーソン
スミス
ネッツ
ウィザーズ
ビール

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018 #大塚裕土 選手がSNSファン投票:最多得票で初選出。#Bリーグオールスター【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ベンチメンバーでオールスター イースト編【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/12/10 G21 #富山グラウジーズ●54-80○三遠ネオフェニックス。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss