バスケのデータ見ながら語ります。

ベンチメンバーでオールスター イースト編

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチメンバーでオールスターを選んでみよう。イースト編です。

ベンチスタート時の平均得点を並べると10位まで全てウエストの選手が出てきます。ランドルフやアンダーソンみたいに1試合だけベンチスタートだった選手も含めてではありますが。

それだけウエストの方に選手が集まっているだけでなく、ベンチからのパターンを重要視しているとも言えます。試合には変化が必要と捉えていそうです。 得点力のある選手をベンチにしておく余裕がイーストには不足しているとも言えます。

とはいえウエスト編ではルー・ウイリアムスやクラークソンを選ばなかったように、必ずしもチームで最も得点している選手というわけではなく選んでいますので、試合を観る中で気になった選手を独断と偏見で紹介しているだけです。その方が面白いし。

, , ,

◉ジョナサン・シモンズ(マジック) 25分 14.0点

そんなベンチの得点ランクでイースト1位はシモンズ。 スパーズ恒例の謎の若手はマジックに移籍するとあらゆるポジションをこなすようになります。PGシモンズなんてシーンも多発します。

シュートで勝負しているマジックの中で明確に変化をつけてくるシモンズ。強引、それでいてアンセルフィッシュなプレーは今季のマジックにハマっています。

古巣スパーズ戦で見せた恩返しのような圧倒的なプレーは素晴らしいものがありました。

, , ,

◉ジェームス・ジョンソン(ヒート) 27分 10.8点 4.8リバウンド 4.1アシスト

ベンチスタートとはいえドラギッチに次ぐセカンドエースにしてポイントフォワード。

相手が小さければポストアップし、動けなければ外からドライブし、高さを活かした視野でフィニッシュに繋げます。

理不尽にさえ思えてくるそのプレーは相手からするとため息しか出てきません。

, , ,

◉アンソニー・トリバー(ピストンズ) 19分 6.5点 被FG36%

ディフェンスのスペシャリストであるトリバー。データに出てくるのはチームのディフェンス力に見合わない1人だけ突出した数字。

相手ガードエースを潰しに行くブラッドリー 相手フォワードエースを潰しに行くのがトリバー

その点のディフェンス力はチームカラーになっています。

オフェンス面でも重要な局面でも躊躇わずに3Pを放つので時に試合を決める活躍をする事も。非常に便利なトリバーです。

, , ,

◉ドマンタス・サボニス(ペイサーズ) 23分 11.6点 7.6リバウンド

ペイサーズPF3人衆のベンチスタートは意外にもインサイドの強さでチームを牽引します。絶妙の合わせと華麗なステップワークでインサイドを支配する上手さは一見の価値があります。

今季のトレンドである速さと上手さでインサイドプレーをこなすという代表格

ターナーよりも貢献する試合が多発することからペイサーズは相手に合わせた4Qのユニットを選びやすくなりました。

2年目の飛躍!

, , ,

◉ジョン・コリンズ(ホークス) 22分 11.6点 7.4リバウンド 3.2オフェンスリバウンド

そんなクイックネスで支配しようとする新しいタイプのインサイドがホークスのルーキー。

コリンズを経由すれば何故かシュートが決まる現象が起きた試合もありました。NBAで戦えるとは思えない細身でガードの選手かと思いますが、驚異的なオフェンスリバウンドを武器にインサイドプレーで勝機を見出します。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ベンチメンバーでオールスター イースト編」へのコメント

本当に不要かどうかは別にして、グリーンとコーバーが戦略の中で重要な役割を任されているので、ケガとかするとかなり痛いでしょうね。

ベンチメンバーでオールスター イースト編

ウェイドが不要ってことはよくわかります

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/12/10 G21 #富山グラウジーズ●54-80○三遠ネオフェニックス。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ベンチメンバーでオールスター ウエスト編【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171209 ペイサーズ vs キャブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2569
  • 累計のページビュー:2020362

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss