バスケのデータ見ながら語ります。

ベンチメンバーでオールスター ウエスト編

このエントリーをはてなブックマークに追加

オールスターを選んでみよう。

そんな題名でここまでの活躍ぶりを振り返ってみようかと思いましたが、書いてみたら誰もが予想するテンプレみたいになってあまり面白くなかったので企画変更します。

オールスターには選ばれないけど、今季活躍している選手を選んでみよう。選出基準が難しいのでこんな企画にしてみます。

『ベンチメンバーのオールスターを選ぼう』

基本はベンチメンバーですが、ケガなどでスターターになっていてもOKです。

もう管理人の印象のみです。それはたまたま観た試合で気になった選手になります。とはいえ3試合以下しかみてないチームは存在しません。なお、3試合はブルズ、ホークス、キングス、マブス。他はもっと観ています。

今回はウエスト編

, , ,

◉PJタッカー(ロケッツ) 27.5分
1.2オフェンスリバウンド 1.3スティール 0.9ルーズボール

強いチームは全員良い選手にみえるもの。 まさかのハンドラーまでやらされるバーアムーテ、万能型センターで相手の戦術合わせのネネも捨てがたいですが、やはりPJタッカー。

ロケッツの試合を見る度に、ここにカーメロがいたら恐ろしい事態になっていたと感じる選手です。メインのディフェンスだけでなく、ルーズボール、オフェンスリバウンドとあらゆる場面に顔を出します。

3P37%とロケッツの中では決まっていませんが、一般的にはどんなチームも欲しがる水準です。

昨季の今頃はサンズにいたPJタッカー。ラプターズで陽の目を浴びて、ロケッツで優勝争いに参加する。しかし、サンズ時代からこんな奮闘をしています。

エース達は攻守に気を抜けないPJタッカーの相手はしたくないでしょう。

, , ,

◉オムリ・カスピ(ウォーリアーズ) 14.6分 FG59% 3P64% 3.9リバウンド

今季はイマイチなウォーリアーズのベンチ。 その中で驚異的なスタッツを残しているカスピは友人が絶賛中です。友人曰く「トンプソンがフリーになる直前にはカスピのスクリーンがある」との事。

ウォーリアーズに足りないのはシューターだったのですが、スタメン重用中なのでスクリーンやリバウンド力のあるシューターのカスピの方がヤングよりも活躍の場が広くなっています。

カスピに6割決められたら何を止めれば良いのか?そんな状態に陥ったチームもありました。

, , ,

◉ルディ・ゲイ(スパーズ) 22.4分 12点 5.3リバウンド

いや、この人は1年前はイーストならオールスターレベルだった選手。それがベンチから出てくるのだからズルいスパーズ。

戦力よりも勝っているスパーズですが、その内容はベンチから出てくるゲイの威力でチーム力が落ちない部分にあったりします。

ベンチが万能型だと試合中の修正が効きやすい利点があるので、ゲイを使ってパターンを変えやすかったりします。シーズンが進むにつれて更に重要な仕事をしてくるであろうゲイ。

そしてレナードとのコンビは悪夢のようなディフェンスをしてくるでしょう。フィジカルフィジカル。

, , ,

◉ウィル・バートン(ナゲッツ) 30.1分 15.8点 5.2リバウンド ファストブレイク4.0点

ヨキッチとミルサップを中心にハリスやマレーが得点していくナゲッツ。ではチームのリーディングスコアラーは誰なのか?

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171209 ペイサーズ vs キャブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

京都ハンナリーズ観戦記 移転します【京都ハンナリーズ観戦記】

【#Bリーグ】2017/12/9 G20 #富山グラウジーズ🔥○70-63●三遠ネオフェニックス。 #grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss