バスケのデータ見ながら語ります。

20171209 ペイサーズ vs キャブス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと短めに。そして展開よりもその時感じた印象を中心に書いていきます。

◉前半のキャブス

マブス戦のレポートでキャブスはかなり良くなっていると書いてから14連勝。いくら何でも結果に繋がりすぎですが、日程にも恵まれているタイミングでこうやって結果を残せることは重要な要素です。ブレイザーズは勝ててないし。

なお、14連勝してますが、その間に勝ち越しているチームとの対戦はシクサーズとピストンズしかありませんでした。

話を戻すとキャブスが良くなったのはシステムいじってレブロン頼みの形から他の選手が積極的にスペースを利用するような全方位アタックに変わったからです。なんせ、レブロンがいなくてもレーティングはプラスです。

, , ,

そんな記憶とは裏腹にスターターはとことんレブロン経由になります。レブロンのパスからラブやクラウダーが決めていきますが、うーん、期待外れ。

例外はPGカルデロン。レブロンをピックに使いながら自らハンドルしてドライブを決めます。キャブスにレブロン以外のPGがいるのはいつ以来の話だろうか。 そのためあまり魅力は感じなかったものの複数の起点があり、なおかつアイソレーションではない形のプレーが出来ていきます。

一応昨季との違いをいうとレブロンやアーヴィングがドライブしてスタートするオフェンスだったのが、経由するだけでパッシングが基本ラインのオフェンスに変わっています。レブロン頼みではないけど、レブロンスタートには違いありません。

, , ,

そんな中、スペースがあるインサイドでラブが得点していきますが、初めだけで終わりました。その理由はペイサーズの3人のPFの方が走れて跳べて動けるから。そろそろ選手としてターナーに抜かされるかもしれません。

セカンドユニットに代わると、こちらの方が全体が機能的に動きます。目立ったのはオスマンとウェイド。ただし悪い意味で。

オスマンは単純にこのレベルについていけていないので、ボールを持つ場面が多くありましたが、それはむしろボールムーブする視野と判断力が足りていないから。でも、こんな選手を使ってあげる余裕が出来てきているルー。

ウェイドはチームとして崩しているのに、1人わけのわからない難しいシュートを打っていきます。チームで動く意味が全くないシュート。でも結構決まります。何だそれ。

, , ,

ベンチメンバーの中にレブロンが戻ってくるとウェイドは途端に大人しくなります。チームで崩してイージーシュートに繋げます。そんな動きがちゃんと出来るウェイドなのに、レブロンがいないとチームプレーを台無しにするのはよく見かける光景です。

スターターに戻ると開始直後よりも動きが出てきてボールが回ってシュートに繋がりますが、外れる場面が出てきます。というか、そこまでが高確率過ぎました。

そんなわけで、全体としては好印象であるものの、所々引っかかるキャブスのオフェンスでした。

もう少し良い感じだったはずですが、連勝している間に何かしらの心の変化があったのでしょう。ポストアップするシーンも減り、あまり躍動感がないオフェンスに。

ただ、スペーシングが適切なのでグリーンやクラウダーの頑張りがしっかりと結果に繋がりやすくなっています。

, , ,

◉前半のペイサーズ

前述の通りペイサーズの強みはターナー、ヤング、サボニスという3人の動けてシュートがあるPF。このレベルのPFが常時2人出場しているのは驚異です。なお、ヤングとサボニスは成長してこうなりました。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
オラディポ
ペイサーズ
キャブス

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

京都ハンナリーズ観戦記 移転します【京都ハンナリーズ観戦記】

【#Bリーグ】2017/12/9 G20 #富山グラウジーズ🔥○70-63●三遠ネオフェニックス。 #grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171209 ピストンズ vs ウォーリアーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss