バスケのデータ見ながら語ります。

20171209 ピストンズ vs ウォーリアーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

4連敗のピストンズ。 あぁ好調さは何処へ行く。 見え難い強さは様々な機能性を戦術で用意し、未熟な選手のメンタルをカバーしてきました。そんなチームが連敗なので戦術が勝つのか?メンタルの弱さが勝つのか?

そんな中で迎えるウォーリアーズ戦は悪いようで悪くないタイミングです。相手が強い方がメンタルを保てるのはサンダー理論。

しかもウォーリアーズはカリーが離脱。前の試合ではクックが代役。

えっ?誰?

そうウォーリアーズ最大の弱点は控えPG不足。ノーPGシステムだから控えに誰もいないのですが人が少ないと使わないといけないのか? デュラントとトンプソンを両サイドに留めておくための苦肉の策にも思えてきます。まぁそんなデュラントがトリプルダブルしたのも前の試合。

しかし、PGかどうか怪しいカリーを狙って潰しに行くことで勝利したのが今季の1戦目です。それがいないならば、どこが起点なのかわからないのもウォーリアーズの強さです。

ウォーリアーズがPGがいなくて困るか、ピストンズがPGを潰せなくて困るのか?

グリーンとパチュリアもいないですが、まぁジョーダン・ベルいるし。グリーンの契約更改時にベルにシフトチェンジする可能性は微妙にありますよ。

, , ,

ピストンズの問題はFG%。連敗中は45%未満。なんなら3Pもそれくらい決めていました。決まるから上手くいくのがケミストリーってやつです。

それでもオフェンスリバウンドを17とって耐え凌ぐ試合もありました。ここもポイントでウォーリアーズはドラモンドに対して対抗できるのはマギー。ドラモンドは無双できるのか?

FG%を高めて、デュラントとトンプソンのFG%を落とす。両方できなければ勝てませんが、両方やってきて勝っていたのが好調だった時です。

, , ,

◉好調なスタート

ウォーリアーズはリビングストンとグリーンはスターターになっています。カリーがいないだけに等しいラインナップ。

ファーストプレーはドラモンドのドライブにマギーがファール。無双できるのか? さらにポストアップからのボールムーブでレジーが3P、速攻を決めて幸先良いスタート。

ウォーリアーズはデュラント。 ピックからアシスト、ミドル、ドライブ&ワン、ポストアップからアシスト。 またトリプルダブルする気なのか?

ピストンズがハリスの3Pを決めるも、トンプソンのカットプレーが連続して決まり、ピストンズはタイムアウト。

よりイージーなのはウォーリアーズ。ただ、インサイドの争いはドラモンドがマギーを圧倒している立ち上がりでした。

, , ,

◉小さくて高いウォーリアーズ

少しずつ止められ始めるピストンズのインサイド攻め。しかし、3Pの確率が助けてくれます。 逆にウォーリアーズはインサイドを攻められているけど、アウトサイドが決まらない。

マギー→ベルで速度アップを狙います。すぐにデュラントとトンプソンがアーリー気味に3Pを決めました。ベル関係ないですが、メッセージがわかりやすいということなのか。

リビングストン→イグダラになると、ブラッドリーをデュラントが後ろからブロックし、イグダラがイシュの上からジャンパーを決めます。

ウォーリアーズらしさの部分でセンター減らして小さくしたと思いきや、平均的に高いメリットを活かしています。同時にピストンズの弱みでもあります。

3Pと速攻で反撃したピストンズですが、ウォーリアーズが6点リードの1Qでした。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ドラモンド
デュラント
ブラッドリー
ウォーリアーズ
ピストンズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171208 シクサーズ vs レイカーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

連載第67回・バスケットボール部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

クリッパーズの明日は何処に〜ジョーダンはトレード?〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2569
  • 累計のページビュー:2020362

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss