バスケのデータ見ながら語ります。

20171208 シクサーズ vs レイカーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

シクサーズとレイカーズの第2戦、というかシモンズとロンゾの第2戦。本当はフルツとロンゾが面白そうだったのに。

前回はシモンズがロンゾをボコボコにしましたが、クズマをボコボコにする事は出来ませんでした。シモンズを止めるのは大変ですが、インサイドで簡単に打たせない能力があるかどうか次第です。

レイカーズからするともっと怖いのはエンビート。エンビートがいるとセンターを使わないユニットを組めなくなります。しかしエンビートの弱点は高速バスケに息切れする事。それはレイカーズの得意技です。 今回はランドルとナンスがいるので、2人がエンビートを止められるかが勝負の鍵を握りそうです。

シクサーズからすると2人で決めてしまった前回はシューター陣が不調。チームとして自分達の方が強いと思わせるにはシューターで決めてしまう事です。

, , ,

◉レイカーズが対策している立ち上がり

シモンズのマークはイングラム。インサイドのシュートを止め、パスの邪魔をするには適したウイングスパンの持ち主

まずはエンビートを使って行くシモンズですが、ロペスが阻み、さらにエンビート相手にファールを引き出し、自分で決めて優位に立ちます。エンビートは早めに交代。

シモンズはオフェンスで動かしていきますが、イングラム任せにしているレイカーズなのでパスを出してもあまり効果的にはなりません。正しくは周りの動きの質次第。

一方のロンゾも同じですが、シモンズが崩してシューターが決めるシクサーズに対し、ボールをもらったウイングが自ら崩すレイカーズ。そこに良いボールを供給するのがロンゾの役割。

つまり周りの動き次第ならレイカーズが優れています。

, , ,

先にリズムを掴んだのはそんなレイカーズ。ロペス、コールドウェルポープ、イングラムが3Pを決めていきます。崩すポイントが多いのでそれぞれ違うパターンの3Pとなりました。

ディフェンスが広がり動けばベンチから出てきたランドルはスペースを貰えて、エンビート相手にダンクを決めます。速かった。さらに合わせのプレーを決めたランドルですが、謎の3Pとかショットクロック消費してからの不要な仕掛けとか、相変わらず余計なプレーをしていました。

1Q最後にシクサーズはエンビートの崩しからコビントンに3Pが生まれ、少しだけシクサーズが盛り返して終わりました。

1つのポイントになる3Pですが少し思い切りが足りないシクサーズ。そこが機能しないとインサイドも機能しません。

アウトサイドの差でレイカーズ7点リード

, , ,

◉入らないシュート達

2Qになりシクサーズはマッカナムによるボールムーブから積極的に3Pを狙っていきます。反省点を活かしていきますが、まぁ酷いくらいに決まりません。ボールムーブは上手くてレイカーズディフェンスを完全に外しても決まらないのでどうしようもない。

結局はエンビート勝負になっていきます。しかし、ボーカットがスティールして速攻が出るなどレイカーズペースに。あちらこちらで止められなくなってきたシクサーズはシモンズを戻します。

シモンズはエンビートほどではありませんがディフェンスの影響力が大きく広い範囲をフォローしてくれます。イングラムをブロックする場面も。少しディフェンスが引き締まった事で速攻が出始めるシクサーズ。

そこからシモンズの速攻、エンビートのドライブで得点を返します。演技派エンビート。

シクサーズがこのまま盛り返すかと思いきや、またもシュートが入らなくなります。シモンズはダンクにレイアップも外す。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ランドル
ロンゾ
エンビート
イングラム
シモンズ
シクサーズ
レイカーズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

連載第67回・バスケットボール部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

クリッパーズの明日は何処に〜ジョーダンはトレード?〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171207 ニックス vs グリズリーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2030289

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss