バスケのデータ見ながら語ります。

クリッパーズの明日は何処に〜ジョーダンはトレード?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリッパーズ周りが騒がしいので、考えをまとめてみようと思います。ポイントはこんな感じ。

①不調のチームで未来があるのか。

②再建のためデアンドレ・ジョーダンをトレードするのか。

③リバースHCを解任するのか。

順番に触れてみましょう。

, , ,

①不調のチームで未来があるのか

答えはわからない。不調の理由はガード2人がケガで離脱し、更にガリナリも離脱。連敗から抜け出したと思ったらグリフィンも離脱という状況がもたらしたものです。

グリフィンの可能性については説明不要ですが、ルーキーのテオドシッチ、ディフェンダーのベバリー、ビックシューターのガリナリはそもそもチームとして機能させる方法が確立されないまま離脱しています。リバースHCの手腕への疑問もありますが、他のチームの状況を見ても簡単にフィットするわけでもないので、このチームは未知数としか言いようがありません。

◯主力の年齢 グリフィン 28

ガリナリ 29 ジョーダン 29 ベバリー 29 テオドシッチ 30 ウィスリー 30 ルー 31

グリフィン中心の設計で勝負するわけですが、長くて3年という布陣です。あまり悠長な事は言ってられません。そして3年経つと残る契約はグリフィンだけなのでオールリセットを考えるはずです。

, , ,

つまり今のチームの可能性はともかく、未来に繋がる要素がないのがクリッパーズです。未来なんて誰も予測できませんが、チーム設計を考える事は出来るわけで、そこを捉えると難しいとしか言いようがありません。

そうチーム設計を考えるわけです。

まず今季はプレーオフに出れるのか?

悲観するほどの負け越しではありませんが、悲観したくなる程の状況ではあります。グリフィンがオールスター前辺りで戻ってくると仮定してそこまで約30試合です。10勝出来たとしても既に35敗くらいになるので、グリフィン復帰したら20連勝くらいしないといけません。それは非現実的なので12月の成績次第でプレーオフは諦めます。

◇12月終了までにはプレーオフの可能性がわかる

まぁ意外と勝つ可能性もあるわけですから、そんな簡単には諦めません。でも現実もみようね!という話です。

, , ,

◯プレーオフの可能性がある場合

チームは好調でグリフィンの復帰で一気に勝率を上げればプレーオフでも期待が持てる。このまま突っ走ろう!となります。

◯プレーオフの可能性が低い場合

来期以降を考えます。 グリフィンいないだけでお先真っ暗なチームです。来季もグリフィンが健康とは限りません。ならばこのロスターのままでも来夏には補強が必要になります。

そこでジョーダンです。契約は今季終了後に破棄される可能性があります。でもおそらく破棄しません。高年俸を支払うチームが現れるとは限らないからです。 そうなると戦力は維持出来ますが、FAに費やすサラリーキャップが無くなります。

極論言えばレブロン獲得のチャンスくらいは欲しいわけです。ジョーダンがいるとサラリーキャップで可能性ゼロです。カズンズやアイザイア・トーマス、まさかのクリス・ポールまで様々なシナリオを考えておくためにも、トレードで若返り&サラリーキャップ創出したいのが一般的なGMの意見です。

・成長株の獲得でチームを若返らせる ・FAのためにキャップスペースを作る

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
移籍・トレード
チーム展望
タグ:
リバース
クリッパーズ
ジョーダン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「クリッパーズの明日は何処に〜ジョーダンはトレード?〜」へのコメント

やっぱりHCですよね。それでも6年連続6割超えの勝率は結果としては上々です。

特に55勝オーバーの3年間は凄い成績なのですが、内容は微妙で勝っているというのも凄い。

HCの手腕なのか?
メンバー豪華なのか?
偶然にケミストリーが合ったのか?

CP3は別格ですが、今振り返ればグリフィンを筆頭に勝てるメンバーだったかは微妙なラインでした。だからこそファミリー感が強かったのでしょうね。本物のファミリー連れてきちゃダメ。

息子問題も残るので、外部から新HCを雇ってもその手腕とは関係なく崩壊するかもしれません。リスクもありますよ。




クリッパーズの明日は何処に〜ジョーダンはトレード?〜

いつもながら冷静な分析、すごいなあと感心するばかりです。
ファンとしては、まずはHC解任してほしい。クリス・ポールとの4年間を振り返ると、彼が生み出すもの以上のものは何も生み出せなかったコーチとしか思えません。特にチームディフェンスがまるで出来ていない。毎試合、ハーフで60点取られてしまうのはコーチの力量不足では?
何よりも息子の偏重はファンからも大ブーイング。息子が成長するためにもよくないよ。クリス・ポールもそれについてはチーム内に不満があったと言っていたしね。

こんな記事も読みたい

20171207 ニックス vs グリズリーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171206 ラプターズ vs サンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

好調だけど不調なブレイザーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss