バスケのデータ見ながら語ります。

20171207 ニックス vs グリズリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カンターがいないと勝てないニックス。ポルジンギス離脱のヒート戦も勝利し、エース不在でも戦える事を証明しましたが、流石に連敗中。

今季は走るようになったわけですが、お互いのチームが走る展開には実は弱いのではないかと思われたのがペイサーズ戦です。 それは走る中でもハードワークが得意なカラーなのに、お互いが走るとさすがにハードワーク出来なくなりそうだからです。

今夜の相手はリーグで最もペースの遅いグリズリーズ。ある意味得意な相手になりそうです。ハードワークしてチャンスを掴んで走る。それがニックスのカラー。

ハードワーク!

, , ,

グリズリーズは連敗脱出。 フィッツデイルの影を振り払ってセンターをするガソルですが、少しずつフィッツデイルに戻って打開を目指す姿もあります。融合点を見つけられれば、それなりに有効なシステムになりそう。

「フィッツデイルとガソル」が予想以上に人気出たのは非常に嬉しいです。そこに書いたように本当は次の一手があったように感じていて、それはスペースを作るスタイルから使うスタイルへの変化です。HCが変わって使う事ばかり考えている雰囲気なので融合はあり得ない話ではありません。

ケガ人が戻ってきて、やり易くなったはずですから、そんな姿も見えそうな試合。

, , ,

◉お互いの強みを出すスタート

ニックスの強さのわかりやすい部分からスタートします。ポルジンギスがフリースローレーンから決めます。否定される距離ですが、この確率が高いから止められなくなります。

同じ様に打った2本目が外れるとカンターがオフェンスリバウンドからフリースローを得ます。カンターはなんとフリースロー90%オーバー。

とにかく2人のこの相性の良さがニックス最大の強みです。高確率のミドルレンジと外れてもオフェンスリバウンド。

この試合のスターターにはハーダウェイに代わりランス・トーマスで激しいルーズボール争いもあるなど今季のニックスらしい内容。

, , ,

グリズリーズはフィッツデイル時代の様にスペーシングはしませんが、インサイドのガソルにボールをいれてキックアウトパターンが美しく決まります。 そもそも適切なスペーシングとポジショニングが出来ているかが重要なプレーなので、次の一手にみえる要因でもあります。HC交代直後は全てを忘れた様なシステムを始めましたが融合点を目指した様に変化しています。

そうなるとガソルにも勝負するスペースが生まれ、それを確率よく決めていきます。更にエバンスとパーソンズがロングレンジから迷わず打ってこれも確率良く決まります。

ちなみに3Pを積極的に狙うのもフィッツデイルから始めたのでこれも名残だったりする、というのは言い過ぎかな。

気になるのはガソルの高確率。それが決まらないから困っていたのにポルジンギスもビックリの高精度で決めた事でグリズリーズがリードします。

, , ,

◉ディフェンス面の対応

チャルマーズもスティールから速攻を連発し、リズムの良いグリズリーズ。連敗脱出で吹っ切れたかのような快調さ。

一方でニックスはなんだか重そう。グリズリーズにプレッシャー負けします。「ポルジンギスがいない方がニックスがわかりやすい」と呟きましたが、グリズリーズはポルジンギスにボールが入った瞬間を狙い所にしています。 そこを経由するのがわかれば止めやすい。だからいない方がワイドにボールムーブしていたり。そしてボールを持ったら打たせないように距離を縮めれば抜かれるのは怖くない雰囲気。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
オクイン
ポルジンギス
ガソル
エバンス
ニックス
グリズリーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171206 ラプターズ vs サンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

好調だけど不調なブレイザーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

シーホース三河 アルバルク戦【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss