バスケのデータ見ながら語ります。

フィッツデイルとガソル

このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕から7勝4敗と好調なスタートを切ったグリズリーズはそこから8連敗し、フィッツデイルHCをクビにしました。

多くのNBAプレーヤー(主にヒートAC時代の選手)から惜しむ声が出ていましたが、優秀なHCで内容的にも解任には相応しくありませんでした。おそらく仕事に困る事はないでしょうが、地味なチームで理解し難い仕事をしていたので日本では馴染みもないでしょう。

衰退すると思われた昨季からグリズリーズのHCとなったフィッツデイル。前任が出来なかった仕事をしたり、プレーオフで罰金覚悟でレフリーを公に批判して選手の心に火をつけたり。メンフィスファンは忘れないでしょう。

そんなフィッツデイルHCを振り返ってみます。

, , ,

◉昨季のグリズリーズ

15-16シーズン 42勝 16-17シーズン 43勝

昨季のグリズリーズは前年と同じような勝率でしたが、これはむしろ驚きの勝率で新人HCが最大の補強となりました。

69試合出場のコンリー 74試合出場のガソル 34試合出場のチャンドラー・パーソンズ

グリズリーズが高いサラリーを払っている3人です。パーソンズは平均6点。少ない主力だけど更に休みが多かった昨季。

しかし、チームはシーズン通して安定してプレイオフ圏内で戦い抜き、プレーオフではスパーズから2つの勝利を手に入れました。 ケガ人とお年寄り、無名の若者だけのチームを安定して勝たせたフィッツデイルHCの手腕は賞賛に値します。コンリーいない試合でも5割の成績なんて普通は残せません。

, , ,

前任のイェーガーHCの元で好成績を収めたグリズリーズでしたが、ベテラン重用で若手は全く伸ばせず衰退して行く一方でした。グリズリーズにドラフトされると生き残るのは困難でした。ラウリーだってグリズリーズ。

それが昨季はグリーン、エニスIII、セルデン、ハリソン、ダニエルズに17分以上のプレータイムを与え、若手にチャンスと成長を促しながら危なげなくプレーオフに進めた手腕は素晴らしいものがありました。

今季を迎えるにあたり、ランドルフやカーターを放出したのは昨季の成功を経て、来季以降も継続的に戦える目処が立ったからです。

『若手を育成しながら勝利を得る』

それがフィッツデイルHCのマネジメント能力でした。

, , ,

◉今季のグリズリーズ

好調にスタートしたグリズリーズ。 そして泥沼にいるグリズリーズ。

その変化を見てみます。

◯レーティング 10月→11月 オフェンス 103.2(17位)→101.6(23位) ディフェンス 97.6(5位)→106.8(20位)

見ての通りです。特にディフェンスの悪化がもたらした連敗でした。この点ではトニー・アレンを残せなかった事は響きました。戦術的に不要になっていたランドルフやカーターと違いアレンは残したかったのではないかと思います。

ディフェンスの数値を見てみます。

◯被FG 44.2%(6位) ◯被3P 35.7%(11位)

そこそこ守れています。しかし、この数字も月別にすると悪化していました。

◯被FG 39.9%→46.5% ◯被3P 32.4%→37.6%

まぁ10月が良すぎますが11月は悪すぎます。極端に悪くなったのは何故なのか。

◯ターンオーバーの失点 11.6→15.1 ◯2ndチャンスの失点 13.1→12.5 ◯速攻からの失点 10.0→13.2 ◯ペイント内失点 36.6→44.2

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:
フィッツデイル
ガソル
グリズリーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171201 クリッパーズ vs ジャズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

Mizzou 開幕top25のUCFを下しロード連敗36でストップ!ポーターJr.復帰を夢見て戦い続ける!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

20171201 セルティックス vs シクサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss