バスケのデータ見ながら語ります。

20171201 クリッパーズ vs ジャズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケガ人が出ていて観ていなかった両チーム。 その間に何が出来るかも大切な事でジャズはドノバン・ミッチェルを成長させに行っています。

クリッパーズはどうなのか?それを知る試合です。ダメなら思い切って何かを変えるのかどうか。

そう言えば能力はあるけど、戦術的にはダメなセンター対決でもあります。ゴベールがいなくて機能するはずのジャズと周囲がいなくなったので目立たせるべきジョーダンという面白い視点もあります。

, , ,

◉リバースvsミッチェル

攻守にミッチェルが目立ちます。 それはクリッパーズからしても攻めやすいから。攻めやすいからか、リバースに選択肢がないからかは微妙ですが、ミッチェルなら抜けるし、シュートチェックで駆け引きもしてきません。

昨季までならリバースのいつもの暴走ですが、今季はシュートが入るので悪いとは言い切れません。落ちたシュートはジョーダンが押し込みます。

相変わらず戦術の匂いは皆無だけど、強者の論理はあるクリッパーズ。

, , ,

ルビオはジャズらしいチームプレーをしているので昨季からアシストを4つも減らしています。不思議なジャズ理論。

そんなルビオによるピックを利用した崩しからのアシストが決まります。理由はゴベールの不在かな。フェイバーズとジェレブコは動くのでスペースが空き、空くから飛び込んでアシストになります。

ジャズのもう1つの武器はミッチェルの個人技。ルーキーの個人技が武器になっているので、もうエース扱いのミッチェル。

, , ,

ミッチェルvsリバースならばリバースが有利に運びます。クリッパーズが9点リードします。

しかし、選択肢が一択のクリッパーズは当たり前のように失速します。マークがルビオになるとディレクションされプレッシャーを受けるので外すリバース。

ジャズはミッチェルが下がるとルビオパターンになりエクストラパスでワイドに動かします。3Pにドライブにと気持ちよく得点し、ブザービーター気味にウドーが決めて1点差まで縮めて1Qを終えます。

, , ,

◉リード&デッカー

クリッパーズのセカンドユニットは観たかったフロントライン。ウィスリー・ジョンソン、サム・デッカー、リード。この方が走るし、合わせるしチームオフェンスします。

しかしスターターのウィスリーはすぐにベンチへ。残念。ジャズが逆転します。

リードは走るのでフェイバーズに置いていかれたジョーダンよりも頻繁にボールを触ります。さらにキックアウトするので、コーナーまで使えます。 そんなコーナーまで走っているのがデッカー。ドライブではなくパスを使って中外を振れるのはこのコンビになる強みです。

ルビオが下がったのでミッチェルのゲームメイクとデッカー&リードの走力の戦いが始まります。

デッカーの3Pでクリッパーズが逆転すれば、ミッチェルが3Pを返します。

観たかった展開がみれて有難い。

, , ,

◉冗談みたいな点差です。

リードからジョーダンに戻るとリバースがアリウープパスを出します。まぁこれが酷い。ディフェンス3人いるのに上に投げてジョーダンが何とか取ってくれただけ。でもファールを引き出します。

フェイバーズが味方の肘を顎に受けてダウンしている間に、5対4で攻めてもスティールされるクリッパーズ。うーん、つらいね。

しかし、ミッチェルのディフェンスコミュニケーションが悪くて頻繁にノーマークを作れるクリッパーズが堅実にシュートを決めていきます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
バーク
リバース
ミッチェル
クリッパーズ
ジャズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Mizzou 開幕top25のUCFを下しロード連敗36でストップ!ポーターJr.復帰を夢見て戦い続ける!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

20171201 セルティックス vs シクサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

日本代表2戦について【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss