バスケのデータ見ながら語ります。

20171201 セルティックス vs シクサーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のセルティックスと話題のシクサーズ。 イーストの将来の、近い将来の覇権を争うと考えられている両チーム。

選手の質量ではセルティックスですが、シモンズ&エンビートは個人の質で上回ります。 いつもは戦術的な、システム的な、采配的な、そんな注目点でレポート書くので、たまには個人ばっかり見てしまいましょう。と、思ったらエンビートはお休みでした。

アーヴィングvsシモンズ 多分マッチアップしない2人。

シモンズvsブラウン 昨年の1位vs3位。外から打たないシモンズをブラウンが料理してしまえば、それで終わる対戦です。

そんなわけで他の選手はいいや。 シモンズvsアーヴィング&ブラウン。この3人だけを語るゲームレポートです。

, , ,

早速、2つのシュートチャンスを生み出し、ホーフォードからターンオーバーを引き出すシモンズ。 右手のフックをブラウンの上から決めます。実はアーヴィングの左手フローター並なんですが注目度低いよね。

なんか良くわかりませんが、シモンズにはブラウンだったりホーフォードだったり。確かに外からは打たないのでホーフォードは効果的です。

, , ,

アーヴィングの相手はコビントン。スピード差ありすぎ。なので割とイージー。ドライブの後はピック使って3P。でもインサイド入ってターンシュートは違うでしょ。

ピストンズ戦の罰ゲームみたいにブラウンにはボールが来ません。レディックが小さいのでそこを攻める事が戦略になっているためシモンズとマッチアップだとボールが来ない。

, , ,

シクサーズは次第にシモンズを経由しなくなります。ホーフォードがシモンズなので、そこら中にミスマッチがあるためです。でも決められないのがシクサーズ。

逆にセルティックスはレディックの穴を狙いながら、アーヴィングも楽に攻められます。正直、アーヴィングが凄いよりもシクサーズがディフェンダー不足すぎます。今時、エースガードを守る選手がいないのは厳しい。

, , ,

退屈な試合で眠くなってしまいました。

, , ,

2Qになると少しシモンズがディフェンスで楽になります。ブラウンがいないのでヘルプに行きやすくなります。 エンビートのいないシクサーズはとにかくインサイドが弱い。そこをヘルプして行きます。これが効きます。

しかしオフェンスではモリスが相手。ホーフォードよりも分が悪くなります。個人で攻められない選手が多すぎるシクサーズ。

そういえばTJマッカナムもいません。ボールムーブの達人。達人は言い過ぎか。

, , ,

正直、セルティックスもちょっとつまらない。その理由はアーヴィングを止められないにも程があるシクサーズ。 セルティックスは基本的にはガードがディフェンスを集めてウイングに回しますが、そもそもガードを止められないのでアーヴィング祭りに。

そうなると美しさのカケラもありません。

◯前半のFG アーヴィング 7/12 ホーフォード 5/6

ハンドラーとピックで崩し切れてしまうセルティックス。

絶好調のようなアーヴィングですが、超絶技巧をするまでもなく打てているので、まぁそういう事です。

◯前半のFG ブラウン 1/4 テイタム 2/5

出番がなさ過ぎるウイング。レディックにマークされたためテイタムの方が少し目立ちます。

, , ,

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
アーヴィング
シモンズ
シクサーズ
セルティックス
ブラウン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本代表2戦について【気ままなバスケブログ~基本シーホース、たまにNBA~】

20171130 ロケッツ vs ペイサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171129 ウルブズ vs ウィザーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss