バスケのデータ見ながら語ります。

20171129 ウルブズ vs ウィザーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

短めのゲームレポートです。

ウィザーズは好調だった昨季を経て戦力を落とさずに勝つべくして臨んだシーズンで予想外の苦戦を強いられています。サンダーと似た状況。

その要因はウォールから始まるオフェンスの効率の悪さ。フィニッシュするメンバーは安定のポーターjrにウーブレイの急成長など充実していますが、どうしても効率性を上げられなかったウォール。シュートが決まらないサンダーとは逆の悩みです。

ピック&ロールから始まるパターンへの対策が進んだのか、それともウォールが不調なのか悩ましい所ですが、手をつけるのが早かったブルックスHCは手を変え品を変え、ビール中心のパターンにマイナーチェンジをしています。

そこで露わになったのはプレーメイカー不足。ポーターもウーブレイも素晴らしい選手なのですが、攻撃の起点にはなれませんし、強引にフィニッシュに持っていく能力も足りません。よりウォール&ビール頼みに陥りそうなウィザーズ。ポーターよ、お前のサラリーは幾らだい?

そんな折、ウォールがケガで離脱します。こういう時は考え方が分かれるもので、何となく「ちゃんと直してこい」と送り出した風のブルックスHC。不在の間にこそチームを立て直すチャンスと捉えていそうです。

, , ,

ウルブズの戦略については解説を放棄している管理人です。

ちょうどピストンズ分析を行いバランスアタックのためにフォーメーションを組んでいるし、何らかのルールが設定され、それが選手の暴走を防ぎ、好循環を生んでいるとしました。

同じような発想をしているであろうウルブズですが、ピストンズはバランスをとるハンドオフを使いながらチームで崩しているけど、ウルブズは結局は個人だよね。

とはいえ、タレント力ではピストンズの遥か上を行くので何とかなるよウルブズ。

, , ,

ウルブズもティーグがケガ。ウォールとティーグ。どう観てもウォールの方が大きい穴ですが、そこを埋める代役にも注目です。

ティーグの穴にはタイアス・ジョーンズ。Dリーグ上がりの頑張るタイプですが、今季はクロフォードに引っ掻き回されてペースをつかめていない感じ。シュート力がないのでコントロール不要なら何して良いか分からなくなります。ボール回しとけば問題ないみたいなウルブズなので、ディフェンスを頑張るだけかな。

ウォールの穴にはフレイジャー。レベルの高い選手でPGとして全体をコントロールしながら、明確な意図を持ってチームを動かします。プレーメイカーとしても働けるのですが、欠点は得点力が驚異的にない事。 シュートが下手なガードはいますが、フレイジャーの場合はシュートだけでなく、得点に向かうセンスが感じられません。フローターすら決まらなそうだし、得点チャンスになるポジションよりもアシスト出来るポジションを取ってしまいます。 ほんの少し得点を取れるだけで、かなり有能なのでウォールがいない間にフレイジャーパターンを作りたい所です。

どっちもシュートが決まりません。

, , ,

ポンポンポンっと心地よく打っていくウルブズ。スパスパと決まっていきます。満遍なく得点していくメンバー。

そしてウルブズを観るとき恒例のウィギンズ無双。観るたびにウィギンズが最も良い選手に映りますが、スタッツはそうでもありません。

FG58%で30点も取ってしまったウルブズ。これが悪夢の始まりだとは。

, , ,

ウィザーズはプレビュー通り、どうも歯切れの悪い苦しいプレーメイクが続きます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ウーブレイ
ポーター
タウンズ
ウルブズ
ウィザーズ
バトラー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ピストンズの見え難い強さを探る 〜成熟を促す戦術〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

アラカルト 20171128【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171128 シクサーズ vs キャブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss