バスケのデータ見ながら語ります。

20171128 シクサーズ vs キャブス

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャブスは久しぶりです。レポート書かなくても観るチームはあるのですが、殆ど観ていません。 最後にレポートしたのはマブス戦。そこで書いたのはオフェンスが確実に良くなっている事で復調しそうという状況でした。ディフェンスは知りません。

キャブスが手に入れたものはレブロンに頼らない多様性があるネオレブロンシステム。それは昨季とは大きく違い誰もが積極的にオフェンスに参加できます。しかし、実態はレブロン出し続けなので、システムの効率性と噛み合わない采配は変わっていません。

この多様性はキーワードだったりしますが、更にキャブスが凄いのはそんなシステムを4Qになるとゴミ箱に捨ててしまい、レブロン&コーバー大作戦を決行する所です。

これもポジティブにみれば多様性。相手からすると3Qまでのディフェンスの対応をブッた切られて、高い効率を誇る全く違うシステムになるのだから溜まったものではありません。まぁ普通は上手くいきません。

そんなこんなで4Q最強オフェンスチームのキャブスです。

, , ,

レポート関係なくちょくちょくみているシクサーズ。好調なだけでなく、いろんな話題性ある試合展開をしてくれます。良いのか悪いのかはわかりません。

印象的だったのはウォーリアーズ戦。大量リードにウハウハのシクサーズは、ここぞとばかりに早い展開で打ちまくりました。点差は広がる。 しかし、迎えた3Qにウォーリアーズに反撃を喰らうと、ゆっくり時間を消費すれば良いのに早打ちを連発するサリッチ達。それも外すのでカウンター喰らってしまう繰り返し。 現れたというか画面から消えたのは疲労困ぱいのエンビート。そんなどうしようもない試合をしていました。

つまり4Qにグッタリ疲れて、コーバーとレブロンにボコボコにされる可能性が割とあるわけです。

, , ,

勝負の肝はキャブスの弱いインサイドを攻め立てるエンビート。エンビートにディフェンスさせないためにアウトサイドから打ちまくるであろうラブ。そしてエンビートが疲れて失速するシクサーズと逆転勝ちが定番化したキャブス。

エンビートを巡る展開が予想されます。 キーポイントの直近10試合スタッツです。

◯エンビート
23.6点 FG48% 3P28% 11.9リバウンド

◯ケビン・ラブ 18.3点 FG49% 3P33% 9.9リバウンド

エンビートは3P減らして良くなってきましたがモンスタースタッツと言うほどではありません。ラブは3Pがイマイチな割に高いFG%とかなりインサイドを攻めるようになっています。

, , ,

◉内容も点差もキャブス

シクサーズのファーストプレーはレディックが走ってシモンズからパスがきて、ディフェンスが寄ってきたらポストのエンビート。よくみたクリッパーズパターン。

キャブスはポップしてきたラブの3Pを続けて、オフボールでエンビートの不注意をついていきます。

予想された通りのエンビートvsラブが続きます。ラブが3Pを外したとはいえ、動かれて中外走らされる時点でエンビートにはダメージが溜まります。何よりヘルプディフェンスが消えます。

エンビートがディフェンスを引きつけた後のレディックが外しまくったシクサーズに対し、ラブを使った後のレブロンが高確率で決めたキャブスがリードします。

, , ,

◉ダメな日のシクサーズ

レブロンとラブに振り回されてシクサーズのディフェンスはインサイドがスカスカになります。振り回す要因を作るのは簡単にパスを捌いてしまうカルデロンにありそうです。 シュートが外れてもラブやクラウダーがオフェンスリバウンドに絡んでくるので、かなり苦しいシクサーズ。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
エンビート
ラブ
レディック
シモンズ
シクサーズ
フライ
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

八村塁は”ゴンザガのイチロー” NBA1巡目は超現実的!テキサス大戦で20点,9REB!ゴンザガHC Few”どこ相手にも勝てる!”【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【男子日本代表】2017' FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選 日本●58-82○オーストラリア。#AkatsukiFive【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss