バスケのデータ見ながら語ります。

20171125 ナゲッツ vsグリズリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

構成が似ている両チーム。ポイントセンターのガソルとヨキッチ。しかし、もう1人のプレーメイカーであるコンリーを欠くグリズリーズと、同じくミルサップを欠くナゲッツ。

影響が大きいのはコンリーがいないグリズリーズというだけでなく、ナゲッツにはマレーとゲーリー・ハウスがいるのでガードで力負けしそうです。それをベンチを含めたやりくりでどうにかするのがフィッツデイルHCの仕事。

スターターはナゲッツ、ベンチはグリズリーズのはず。

, , ,

◉ガソルvsヨキッチ

お互いの戦術を理解しているからか、ガソルとヨキッチがそれぞれ打っていきます。この理解しているというのは、起点である選手にやらせておいた方が、全員でアタックされるよりもリスクが低いというディフェンス側の考え方です。 ボールが回って全員アタックされる方が嫌。

6分が経過した時点で全員がシュートを打ったナゲッツとガソルが半分近く打つグリズリーズなのでナゲッツがリードします。

珍しくハウスがミスしていますが、ゴール下にいるファリードがボールを回収するのでミルサップよりも機能しています。 最近の試合では良い時と悪い時がハッキリしていたナゲッツですが、こういう選手がいた方が安定しそうです。良い時のナゲッツではないけど、ミスを回収してくれるので悪くもならないという1Qは珍しい。

, , ,

グリズリーズはガソルと逆の動きをするジャマイカル・グリーンが使われて上手くいき始めます。ワイドにボールが回るのでバランスも良くなります。

しかしそんなグリーンがベンチに戻り、ガソルも交代すると全く機能しなくなるグリズリーズ。コンリー不在でベンチ層が薄い感じが出ています。 インサイドのポスト役が足りないのかな?

マクレモアは戻って来たものの毎年恒例で欠場の多いグリズリーズ。コンリー、エニス、ライトがいないのかな。コンリー以外はどうでも良いように思えますが、中堅どころの層の厚さで勝っていたので、人数が少ないとパターンが減って苦しくなっているグリズリーズ。

ヨキッチが下がったナゲッツですが、マレーとハウスがいるので、爆発はしないけど組み立てることは出来ています。ムディエイも出て来て核がある感じがグリズリーズと違います。

ナゲッツが9点リードして2Qへ。

, , ,

◉悩みが深刻そうなグリズリーズ

ウォーリアーズやロケッツを倒し、開幕ダッシュしたものの今は6連敗中のグリズリーズ。コンリー不在が大きいのだと思いましたが、どうもそれだけではなさそうな雰囲気です。

『センターと戦術』で書いたように独特なガソルシステムですが、データ的には機能していません。

システム的には有効そうなのですが、まずガソルがローポストアタックを決められず、さらにトップに移動した時に周囲がインサイドスペースを使うのですが、そこで堅実に決めたのはグリーンだけです。外しまくるゴール下。

全員アタックのグリズリーズですが、システムとしてコンリーとガソルがオフボールでギャップを作っているだけで、最後は個人技アタックがメインです。それをベンチも含めた多人数で行うのでプレーを読み難い形を作ります。

そんなシステム自体は割と機能していますが、結局は個人技が決まりません。足りないのはスコアラーとしてのコンリー。

グリーンやベンチから出てきたエバンスが決めていることからも内容は悪くないはずです。もう少し強引でも良いから思い切り良く行かないと打開するのが難しそう。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ハウス
ヨキッチ
ガソル
エバンス
グリーン
ナゲッツ
グリズリーズ
マレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171125 ナゲッツ vsグリズリーズ」へのコメント

セルデンってケガなんですね。人数多すぎてチャンスがないのかと思っていました。

基本的には良いチームなんですけどね。ちょっとルールに縛りすぎな感じとガソルがディフェンスの穴になりそうで。

負けが込んでいるならば、思い切ってスモールラインナップとかで3P攻勢に活路を見出すとか、打開が必要な気はしますね。
ケガも長期離脱ってわけでもないし。難しそうですね。

「20171125 ナゲッツ vsグリズリーズ」へのコメント

初めまして。楽しく読ませていただきました。

MEMはリバウンドで苦戦する試合が続いているのが気になります。守ってもDREB拾えないと致命的。
今季リーグ屈指だったOppFG%や速攻にも当然影を落としています。
遂に8年ぶりの7連敗だそうですが、まだまだ伸びそうな気配が…

ガソルが足を痛めたと報じられた矢先ライトが離脱。
エニスもおかしくなって実質フロントコートが足りていない印象です。

かと思えばバックコートのFG%、3P%も酷い。
コンリーもですが、スターターと目されていたセルデンの開幕前の負傷も痛手でしょう。
そしてエバンスの右肩も。

毎年こんなこと言われてるMEM。
個人的にメディカルチームの見直しも検討すべきように感じる次第です。

こんな記事も読みたい

20171125 セルティックス vs マジック【バスケのデータ見ながら語ります。】

【男子日本代表】2017' FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選 日本●71-77○フィリピン。#AkatsukiFive #ThisIsMyHouse【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss