バスケのデータ見ながら語ります。

20171125 セルティックス vs マジック

このエントリーをはてなブックマークに追加

セルティックスの強さについて書いたら拡散されていきました。だから選んだわけではなく、元々スケジュールしていた対戦です。それはコーチオブザイヤー対決。

「MVPはスティーブンス!」というくらいですので、当然コーチオブザイヤーかと思いきや立ちはだかるのはフランク・ヴォーゲル。こちらもペイサーズ時代に勲章を獲れなかった名将です。

ロケットダッシュを決め、今季1番初めに分析対象にしたマジック。

http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/196

メンバーをみれば勝っていることが不思議なロスターですが、試合をみればルーキーまで含めて1人ひとりが個人の力で役割をこなし、チームとしての機能性も高いヴォーゲルならではのチームでした。なお、この時までヴォーゲルが率いていると知りませんでした。

, , ,

勝ち続けるのは難しいとしていましたが、8勝4敗から6連敗となり苦しいチーム状態でのセルティックス戦となります。

負け始めた要因はPGの負傷。スターターのペイトンがケガをして、その穴を埋めて余りある活躍をしたのがDJオーガスティン。しかし、オーガスティンもケガをしてしまい両者不在になります。ペイトンは復帰するも少し不安定で連敗しました。

負けはしたものの前のウルブズ戦ではオーガスティンも戻り、やっとペースが掴めそうです。ウルブズ戦は4Q開始時点で26点差だったのを6点差まで詰めました。爆発力が戻ってきたならば、ディフェンスのセルティックスには嫌な相手です。

, , ,

そんなわけで負け越しているマジックの現状を試合前にアップデートしておきます。分析したのは10月末なので11月に起きた変化という事になります。

10月末時点 → セルティックス戦前

◯3P 45.9%(1位)→ 38.2%(6位) ◯アシスト 24.2(2位)→24.2(4位)

やはり落ちてしまった3P。しかし、落ちなかったアシストは立派です。決定力は低下しましたが10月が偶然だったとは言い難いです。

◯3P フォーニエ 56.0% → 42.0% ブセビッチ 45.5% → 40.5% ロス 23.8% → 32.9% ゴードン 72.7% → 42.0% DJオーガスチン 53.8% → 36.0%

ペイトン 25.0% スペイツ 42.6%

まぁ落ちて当たり前の確率でした。ゴードンの73%とか詐欺みたいな確率でした。それでも40%を超えている3人なのでチーム設計は間違っていません。スペイツも加わります。

問題はPG2人。役割は3Pでなくても怖さは失います。ここが勝負所。

◯オフェンス平均移動速度 4.82 → 4.80 ◯オープン3Pアテンプト /3Pアテンプト 25.8/27.0 → 28.0/30.4

そして変わらず走ってフリーを作って3Pを打てています。相手の対策により打てなくなっているのであれば厳しいですが、そうではなくて単純にシュートが落ちている構図が浮かび上がります。

そんなわけでケガ人が戻ってきたならば、開幕当初のような強いマジックも戻ってきている可能性があります。ただ、あの時は3Pが異常に決まっていただけです。

実際、連敗中は全て40%を下回った確率がセルティックス相手にした時だけ高確率に上がるかもしれません。相手からすると好調の日のマジックは嫌なものです。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
セルティックス
マジック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【男子日本代表】2017' FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選 日本●71-77○フィリピン。#AkatsukiFive #ThisIsMyHouse【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171123 サンダー vs ウォーリアーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss