バスケのデータ見ながら語ります。

ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろセルティックスについて考えてみましょう。この記事を8割くらい書いた段階で3敗目を喫してしまいましたが、それでも素晴らしい勝率であると共に、強さを感じさせるチームです。特にウォーリアーズ戦の勝利は印象深いものがありました。

アーヴィングやホーフォードが欠場しても勝ち続けたセルティックス。現時点でどれくらいのレベルにいるのか、近年のチームと比較してみます。

1年前の11月終了時点の成績上位は

ウォーリアーズ 16ー2 スパーズ 15ー4 クリッパーズ 14ー5 キャブス 13ー3

各チームのレーティング差は ウォーリアーズ 13.0 スパーズ 6.1 クリッパーズ 9.6 キャブス 6.8

◯今季のセルティックス
16勝3敗(11/22時点) レーティング差 6.5

シーズン序盤とはいえ、これだけ勝っているチームは浮き沈みがあっても50勝には到達しそうです。昨季のキャブスやスパーズくらい、そう言われると良いのか悪いのかよく分かりませんが。

, , ,

◉時計の針を巻き戻す新しさ

◯ディフェンスレーティング 96.4(1位)

その特徴はディフェンス。リーグ2位のブレイザーズで98.1なので圧倒的なディフェンス力がわかります。

近年のディフェンスレーティング1位を並べてみます。

16ー17 スパーズ 100.9 15ー16 スパーズ 96.6 14ー15 ウォーリアーズ 98.2 13ー14 ペイサーズ 96.7 12ー13 ペイサーズ 96.6

オフェンス傾倒が進む中で時計の針を巻き戻した勝ち方をしています。ペイサーズやグリズリーズが55勝以上した頃の勝ち方です。ちなみに当時ペイサーズにいたACもいるみたいです。個人の守り方がヴォーゲルのマジックと似ている気がしていますが、気のせいかも。

ディフェンス重視は時代にそぐわない古いスタイルではありますが、「走る」「3P」「スモールラインナップ」なども当初は極端なスタイルだったりするので、リーグの流れの中から極端なスタイルをとっていくことは、1つの勝機を見出す形でもあります。

昨季のジャズはリーグ全体が高速化に進む中で圧倒的な遅さで51勝を挙げました。遅さで言えばキャブスやグリズリーズ、ラプターズなども極端に遅い戦術だったり、ドライブに偏ったりして勝っています。

セルティックスがどこまで狙ったかは不明ですが、『極端にディフェンスに傾倒した』事が勝率を上げているでしょう。

, , ,

ディフェンスを頑張るなんて当たり前の事なので、中身に触れずに結果だけに触れても意味がないと言われればそれまでですが、同じくディフェンスレーティングの良いブレイザーズやサンダーは、そこまで勝てていないので、リーグトップの勝率を上げる要素として

『リーグの平均から大きく乖離した長所がある』

という事は重要です。 ロケッツやキャブスはウォーリアーズのオフェンスを止められないと諦め、オフェンスで上回る戦略を立てたわけで、最後まで自分達のオフェンスを信じて逆転する試合を生み出します。

セルティックスは自分達のディフェンスを信じて逆転しました。常に自分を信じる。戦略を信じる。そのために強者であり、極論者の論理は重要です。

, , ,

◉セルティックス自身の変化

◯オフェンスレーティング 102.9(20位)

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:
ジェイレン
スマート
アーヴィング
ホーフォード
セルティックス
ブラウン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171123 サンダー vs ウォーリアーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

八村塁 NBAドラフト予想サイトで全体15位に!他サイツでも驚きの順位に!開幕3試合で全米専門家が素材に惚れ込む!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1694622

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss