バスケのデータ見ながら語ります。

ウィザーズ 対 ホークス 第2戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィザーズ 109 ホークス 101

またもハイスコアに持ち込めてウィザーズが連勝。 しかし第1戦でやられたモリスを封じた事でミルサップは躍動し27点10リバウンド。誘き出されてとれなかったリバウンドをキープ出来た事でペイント内で優位に立った。

第1戦の後に「ウィザーズはmmaをしてる」とフィジカルなプレーを皮肉ったミルサップは奮起したといえる。 HCはフィジカルというより攻撃的な姿勢を示した方が優位に立つと表現していたが、確かにホークスは主力の2人、シュルーダーとハワードのメンタルが怪しいのでウィザーズがフィジカルに挑むのは正しいかもしれない。

そんなハワードは見事にゴータットにブロックされてしまう。フィジカル自体はハワードが上だけど、駆け引きとスキルで完敗してる。レイカーズ時代からウエストのセンター陣にやられていたメンタルが顔を出しそうだった。

この試合ではそんなハワードよりも出場時間を与えられたマスカラ。フィジカルな展開にスキルで対抗する事にした。 このユニットの方がオフェンス面で優れているホークスなので期待していたのだが、FG1/6と全くダメだった。

とにかくホークス自体がシュート入らず、FG40.5%、3PFG20%なので負けて当然とも言える。しかし問題なのはシーズン平均103.2点、FG45.1%のチームがここまでシュート入らないのに101点とれている事。完全にウィザーズのペースで試合をしてしまった。

展開そのものはリードを奪ったウィザーズに対し、3Qにハーダウェイ・プリンス・ミルサップが高確率で決め返し逆転。終盤までもつれた良い試合だっただけに、ペースを落とした重たい終盤にしたかった。

楽勝ペースをひっくり返されたウィザーズだったけど、最後もウォール&ビールのエースが決めきって勝利。 ウォール32点9アシスト、ビール31点に加え、ジェニングスも10点と主役陣が活躍し、ディフェンスも機能させた。

ウィザーズは簡単ではない連勝を手に入れた。キャブス同様にこのツキは大きい。

ホークスに対して色んな戦いを仕掛けられている事も大きいか。

今年もこんな目立たずに終わってしまうのかハワード。 シーズンで少し取り戻せた自信と名声を、またもプレイオフで失う危機にある。 シリーズを突破するにはハワードが奮起しないと厳しいぞ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20170416 仙台89ERS-秋田ノーザンハピネッツ【気の向くままに】

クリッパーズ 対 ジャズ 第2戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

【NBA】R1 CHI 2-0 BOS , アウェイでブルズがトップシードセルティックスに2連勝。 #NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:4406
  • 累計のページビュー:2015103

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss