バスケのデータ見ながら語ります。

20171123 サンダー vs ウォーリアーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦術的な充実に対して結果が伴わないサンダー。設計された内容は素晴らしいのですが、単にシュートが決まらないだけでなく、高いディフェンス力がありながら、時間を追う毎にそのディフェンスを攻略され、クラッチタイムのディフェンスはリーグ最低です。

それは試合中に強弱をつけ、相手を追い込むという視点に欠けているともいえ、試合に勝つ戦術はあるけど、戦略が足りないチームになっています。

, , ,

ウォーリアーズは言うまでもなく非常に強いチームですが、そこには戦術だけでなく戦略としての有能性があります。

しかし、今季はなんだかイマイチなのは新しい戦略を付け加えようと試すような場面が多過ぎて見失い気味という点が挙げられます。ウィザーズ戦では全く遊ばずに昨季通りのローテーションにしたら変わらぬ強さを見せていました。

言うなれば遊びのあるウォーリアーズ。遊びのないサンダー。

そしてウォーリアーズ相手ならば間違いなく遊ばないであろうサンダー。戦略以前にウエストブルックを筆頭に個人の問題も大きいので、強者を目の前にしてさらなる力を発揮できるかに注目です。

発揮できないならば、スターを集めた意味なんて何もありませんよ。

, , ,

◉センターを巡るHC采配対決

先ずはデュラントを誰が守るのかと思ったら、ポール・ジョージ。ジョージを守るのはトンプソン。カギを握るのはジョージっぽい。

おかしいのはアダムス。初めの1本は決めるも、そこからイージーを外し、3本もフリースローを外し、トンプソンに垂直ジャンプでブロックされる。アダムスいると勝ててない理論を自ら証明するかのようなプレー。

アダムスが外すとドライブが怖くなくなるシステムなので生命線だったりします。3Pが嫌いなウォーリアーズはジョージには打たせないので、そこから始まるドライブのフィニッシュが決まらないのはツライ。

早々にアダムスからグラントに変更。

, , ,

ウォーリアーズは軽いシュートの立ち上がり。基本的にはサンダー相手だとドライブし難い布陣なので、積極的に打ちます。

生まれたのはお互いにオープンに走る展開。外から打つので外れたシュートに走れてしまうスモールラインナップのサンダー。普通に走るウォーリアーズ。

走り合うシーンをみてウォーリアーズもパチュリア→ルーニー。あまり見ない交代。この辺が遊んで戦略が増えてくる部分だったりします。柔軟性。ローテーションには入っていないけど出番は頻繁にあるルーニー。

その後サンダーもアダムス戻したのは面白いけど。最後にルーニー→マギーと1Qだけでマッチアップ調整が頻繁に起こります。

, , ,

◉PG対決

リードしたのはカーメロが当たったサンダー。でも、多分試合の中で上下動する範囲の当たり方なので少しのアドバンテージを得ただけ。サンダーファンはカーメロ信じてないだろうね。

しかし、相変わらずサンダーにばかり厳しいコール。ちなみにデュラントにも厳しい。この感じはペイサーズ戦でもオラディポとサボニスに厳しかったので、嫌われているようなサンダー仕様のディフェンス。

カリーvsウエストブルックは基本的にはウエストブルックが圧勝するのですが、これまでのコールに困っているウエストブルックがカリーのドライブに身体を張らない場面が増えます。そのため割と苦労しないで得点していくカリー。

しかし、同じくカリーなんて守ってないのと同じのウエストブルック。ドライブにアシストと好き勝手やりだします。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ロバーソン
トンプソン
カリー
デュラント
ウォーリアーズ
サンダー
ジョージ
ウエストブルック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜【バスケのデータ見ながら語ります。】

八村塁 NBAドラフト予想サイトで全体15位に!他サイツでも驚きの順位に!開幕3試合で全米専門家が素材に惚れ込む!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対白鴎大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss