バスケのデータ見ながら語ります。

センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

センターと戦術の関係性に触れる後編です。

センターと戦術を色分けしたのは、

「インサイドをどう攻めるか?」

という視点でセンターをどこに置くかは現代的なポイントになるからです。3Pを打たせるのは有効な手段ですが、目的がインサイドを攻める方法なので3P以外にも戦術的方法論があるわけです。

簡単に言えばスペーシングする方法論を考えていった結果です。チームによって考え方は様々ですが、それでもやっぱり似てきてしまうわけで、戦術とセンターを分類する事が出来たのが前編でした。

後編は色分けするのが難しいタイプになります。

, , ,

◉トップセンターは誰だ?

オールNBAチームに選ばれたのは

アンソニー・デイビス ルディ・ゴベール デアンドレ・ジョーダン

当初から違和感が大きかったですが、今季の活躍をみると尚更です。チームのオフェンス戦術的には重要性の低い3人。デイビスについては必要不可欠ですが、フィニッシュ専門です。

ゴベールとジョーダンはいなくて良いくらいです。戦術は日々進歩しているけど残念ながら投票者はそこについていけてない気もします。

なお、あくまでもオフェンス戦術の視点ですので、ディフェンス力も含めて評価されているので、3人の能力が低いといっているわけではありません。

むしろ能力が高いからこそ戦術としては微妙なのに生き残れているのかもしれません。

, , ,

◉ゴベールとジョーダン

特徴が似ている2人。オフェンスでの役割が微妙な事もそっくりです。その理由は高い能力故に使いたいけど、個人で得点できるわけでもないから戦術までは昇華出来ない部分にあります。

ジャズが本当に使いたいのはミドルレンジシューター。ボールを回しチームで作りながら全員がアタックするジャズ。フェイバーズがセンターに入ると合わせのゴール下だけでなく、ポップしてのミドルもあります。 何よりもそこから自分で切り込んでからのキックアウトも加わるので非常に使いやすくなります。

クリッパーズが活かしたいのはグリフィン。オールラウンドに活躍する選手ですが、最大の特徴はドライブしてのショートレンジの強さ。となれば3Pシューターで広げたいところ。なお、クリッパーズにはベンチにもそんな選手いません。設計不良。 リードの方が良いのは機動力がルー・ウイリアムスに合うからです。

ゴベールもジョーダンも戦術的に本当は違う選手が適しています。しかし、それでも使いたくなるのは個人で頼もしいポイントがあるから。

◯オフェンスリバウンド ジョーダン 4.9(2位) ゴベール 2.8(18位)

◯セカンドチャンス クリッパーズ 15.1(2位) ジャズ 9.8(26位)

◯速攻での失点 クリッパーズ 11.9(25位) ジャズ 7.1(2位)

考え方はチームで異なりますが、クリッパーズはセカンドチャンスのためにジョーダンを重用しており、ジャズはゴベール任せにしてトランジションディフェンスに移ります。 なお、今季のゴベールはオフェンスリバウンド少ないですが、昨季は3.9でリーグ3位です。

つまりシュートまでの一連のオフェンス戦術には適さないものの、トータルの設計の中では重用されている2人。それは個人能力に任せた設計とも言えます。 ジャズの場合は戦術自体もディフェンス優先で考えているので必要性も高いです。

センターを知っても戦術が見えてこない2人。しかし、チームが重要視しているものは見えてくる2人でした。

8ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜」へのコメント

個人的にも咄嗟には良くやりますが、アダムスなんか意味わからない場面で自分のマークをスクリーンしますからね。

その前提にあるのはウエストブルックみたいな超絶身体能力で抜いてくる前提と、頻繁にピック&ロールがあるからスクリーンに対応しようとするディフェンスだったりします。
だから実はNBAならではのプレーです。

スペースの作り方としては使える要素は結構ありそうです。

「センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜」へのコメント

前編も含め、大変面白い記事でした。
特に、「ドライブのコースを空けるためにマッチアップにスクリーン」、個人的には毎回咄嗟に、当然のようにやってましたが、あまり深く考えたことはありませんでした。それをチーム戦術までにしているのは、初めて聞く発想で、目からウロコです。
観戦時も意識するとともに、自分でプレーするときももっと意識してやってみようと思います。

こんな記事も読みたい

八村塁 NBAドラフト予想サイトで全体15位に!他サイツでも驚きの順位に!開幕3試合で全米専門家が素材に惚れ込む!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対白鴎大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

20171121 スパーズ vsホークス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss