バスケのデータ見ながら語ります。

20171121 スパーズ vsホークス

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりのスパーズとホークスです。

スパーズの印象は選手が足りていない。その上に肝心のPG2人のFGが悪くて選手が戦術の水準に追いついていません。 レナードとパーカー待ちですが、パーカーを待たなければいけない状態というのは割と厳しい。

とりあえず5割を下回ってはいないので、このまま続けていきましょう。焦れない事は試合でもシーズンでも大切なスタンス。

ホークスは渋い選手ばかりで、本当に再建したいのかすらよくわからない構成。ペイサーズが集めたのはスターではないけど、どのチームでもスターターにはなれそうな選手達。わずか3年前のホークスに近い。 今のホークスはどのチームでもスターターになれないであろう選手ばかり。例外はシュルーダーとプリンスだけど、その2人だって他の選手を押しのけてまで出すレベルではないです。だからよくわからない。

ただし、HCとしては優秀なブーゲンホルザーなので、それでも割とチームとしては成り立たせています。渋い選手と表現するのは与えられた仕事をこなす気持ちが強そうな選手達だから。

選手の質も熟成度もスパーズが1枚上ですし、目標も3段階くらい上ですが、まぁなんとなく置かれている状況は似ているのかも。

そんなイメージの試合です。

, , ,

◉東のスパーズ

非常に低調なオフェンスから始まる両チーム。シュートが決まらない。ペースも遅ければシュートも決まらず眠くなってきた中でオフィシャルタイムアウト。

ゾーンっぽく守り始めるホークス。タイムアウト明け1本目だけかもしれませんし、たまたまかもしれませんが、少し印象を変えてきます。 対するスパーズも似たような守り方。守り方が似ているというよりは攻めるポジショニングが似ているので自然と似てくる両者。

http://number.bunshun.jp/articles/-/822638

そうなってくると打てるポイントが分かりやすくなったのか、デッドモンとベリネリのシュートが決まり始めます。両者ともに元スパーズ。

スパーズ側も決まり始めます。ベンチから出てきたゲイとジノビリ。 1Q後半はお互いが決めあって、最後にジノビリのブザービーターの分だけスパーズがリードします。

下手するとこのまま感想が終わりそうな試合です。

, , ,

◉ミルズとベンブリー。そしてシュルーダー。

2Qになってもゲイとジノビリがそこそこ活躍し、スパーズリードでスターターが出てきます。

昨季のスパーズの特徴はパーカーよりもチームの効率が段違いに高いミルズの時間でした。ノロノロした展開の中で1人機敏に動いて行くミルズは目立ちます。普通の速さなのですが。 今季はミルズ自身が不調。しかし、こうやって途中から出てくると、その動きに全体が連動するのでアクセントとしては効いて、ワイドなパス回しが早くなります。

そんなスパーズに対し、ホークスベンチからはベンブリー。初めて観る選手です。こちらも速くはないけど、エネルギーを出して動きます。ミスも多いけどアクセント役。 速いけどどうも運動量が少ない気がするシュルーダーとは違うタイプです。

少しずつ生まれるスペースに早く反応するのはホークスのコリンズ。細身のルーキーセンターでパワーではなく反応力で勝負します。現代的。

やっぱりミルズは途中からが良くて、そんな選手をホークスも抱えたいのかな、という印象。

, , ,

戻ってきたシュルーダーですが、相変わらずなところがあって、コリンズがピックに行こうとすると追い払ってアイソレーションします。そして抜けません。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
オルドリッジ
ジノビリ
コリンズ
スパーズ
ホークス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171121 ホーネッツ vs ウルブズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対静岡産業大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

20171120 サンズ vs ブルズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss