バスケのデータ見ながら語ります。

20171121 ホーネッツ vs ウルブズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉勝っているぜ!流石だぜ!ウルブズ!

勝ち始めて機能している風潮もありますが、シボドーHC自体が理解できない管理人としてはデータをみても、試合をみてもやっぱり?マークしか浮かびません。

まぁ豪華メンバーでそれぞれが毎試合のように見せ場を作っているので勝っているのが不思議ではありませんが、何がしたいのかはイマイチよく分かりません。 それは良く言えば豊富なバリエーションで勝負しています。そう信じてデータだけ見てみましょう。

◯レーティング オフェンス 107.0 ディフェンス 106.4

+0.6しかありません。攻守ともに平均レベル。良く言えばバランスが・・・。

平均レベルなのでスタッツを調べても浮かびにくい特徴。

◯スティール 9.1(4位) ◯速攻 8.4(21位)

スティールはするけど速攻はしません。

◯オフェンスリバウンド 10.5(10位) ◯セカンドチャンス 13.9(6位)

◯ペイント内失点 47.1(24位) ◯ブロック 3.7(26位)

オフェンスをみるとインサイドが強いようで、ディフェンスでは弱い。まぁよくわからない。

では、スター達の中で誰が重要なのか?

◯オン/オフコートレーティング差 タウンズ 0.2/1.4 ウィギンズ 3.6/△8.7 バトラー 3.8/△5.6 ティーグ 2.0/△2.9 ギブソン 6.5/△9.8

どうやら1番重要なのは意外とギブソン。要らないのは意外とタウンズ。もはや理解できません。

ちなみにタウンズがダメなのは圧倒的にディフェンス。昨季と何も変わりません。

, , ,

では一体何で勝っているのか?

◯フリースロー 20.1/25.4(6位) ◯被フリースロー 13.7/18.1(1位)

答えはフリースロー。それだけで+6.4点です。レーティング差が簡単にひっくり返る水準です。

一杯フリースローをもらって自分たちは与えない。サンダー戦そのものの数字です。ディフェンスはともかく、オフェンスは名前で勝っている気がしています。

そういえば最後にフリースローを落として負けたのが前のピストンズ戦。

, , ,

◉戦略と戦術が迷走するホーネッツ

ホーネッツといえばフリースローを与えないチームとして有名です。しかし少し変調が。

◯被フリースローアテンプト 19.9(6位) ◯被フリースロー確率 81.5%(30位)

フリースローの確率なんて守りようがありませんが、1位のスパーズは70.6%なので相手を選んでファールしていそうです。被フリースロー数を与えない上に落とさせるスパーズ。

ちなみに81.5%は昨季のホーネッツと同じ。オフェンス力が低い代わりにターンオーバーをしないで確実にフリースローを決めたいホーネッツ。しかし、こちらも変調が。

◯フリースロー 19.8/28.5(2位) ◯フリースロー確率 69.4(30位)

増えたフリースローと低い確率は言うまでもなくドワイト・ハワード。

◯ハワードのフリースロー 3.2/7.9(4位) 40.3%

ちなみにかつて大流行したハック作戦ですが、ルール改正や対策が進んであまり流行っていません。 確率70%を割っている選手をアテンプト順に探していくと

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
タウンズ
ウルブズ
ケンバ
カミンスキー
ホーネッツ
ハワード

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171121 ホーネッツ vs ウルブズ」へのコメント

バトラーはルーキーイヤーからの成績を辿っていくと、NBAプレーヤーとしては失格レベルのスタッツを残しながら、長時間プレータイムを与えられ成長しました。だからシボドーに恩義を感じるのは良くわかります。

勝っているのはリスクを避けるバランス重視なので負けにくいからでもあります。それを許容するのであればシボドー流は悪くありません。

まぁ管理人的には何も面白くないです。負けていてもネッツやサンズの方がよっぽど面白いです。

バトラーやギブソン加入しました。でもタウンズ出てる時のディフェンスダメです。というのは指導力の問題と感じています。

「20171121 ホーネッツ vs ウルブズ」へのコメント

本当にシボドーHCについては同意見です。正直、バトラー、ギブソン入って超期待していたんですが、酷い守備と単発なオフェンス。
バトラーとか素晴らしい選手なのになぜシボドー崇拝なのか。

ただ、今んとこ勝ってるんですよね(^_^;)

「20171121 ホーネッツ vs ウルブズ」へのコメント

ありがとうございます。

バランス重視だと思いますが、それを守るウィギンズとあまり守らないベテランズに写っています。

ベンチについては、もっと使うというよりもスターターと混ぜて使えば良いのに、と思います。ジェンやモハメドに任せるのは不安しかないですが、そこにウィギンズやタウンズが混じっていれば良いですよね。

組合せを重視しないのも力押しにしか見えないポイントです。前に観た時はタウンズ&ベンチで効率良かったのですが、勝っている間に何かあったのかも。

結局、アイソレーションしても、フォーメーション守っても同じならば、アイソレーションしろよ!とはなりますね。


ウルブズそう思います!

初めまして。
いつも楽しく読ませて頂いております。
自分もウルブズは去年から注目してたんですが、
今年はウィギンズとタウンズにバトラーなどの移籍組が合わせる感じかと思ってましたが、
見た試合whynotさん指摘してました,
ウィギンズまでボール回ってこないのを自分も非常に感じました。
ウィギンズのオフェンスこんなだっけ?ってなります。

個人的にはシステムで打開が難しときはもっと
ウィギンズ、タウンズのアイソレーションをもっとみたいなと思ってしまいます。
簡単に点取りそうですし。
後これもwhynotさんがご指摘してたスタメンの出場時間が長いのもそう思います。
控えに去年そこそこ成績残してる、ジェンやモハメッドをもう少し長く使ってもいいかなと。

こんな記事も読みたい

バスケットボール部・全日本大学バスケットボール選手権大会 対静岡産業大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

20171120 サンズ vs ブルズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/11/19 G17 #富山グラウジーズ●85-88○川崎ブレイブサンダース。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss