バスケのデータ見ながら語ります。

センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

「現代センターはアウトサイドからも攻められないとダメだぜ!」

そんな固定観念に縛られていませんか?

それは多分、2年前の話。だから昨季のトレンドはストレッチ5でした。代表格はブルック・ロペスとマルク・ガソル。3Pなんて全く打たなかった2人は昨季から連打するようになりました。戦術の変化に合わせて必要な武器を新たに取り入れたわけです。

ポイントは《戦術に合わせて》です。

, , ,

チャイニング・フライはこんな時代になる前から3Pを打っていました。それは個人能力として武器だからです。サム・パーキンスなんて遥か昔からやっていた選手もいるし、サボニス父に代表される欧州系には常識だったし。

彼らは選手としてその特徴を活かしますが、戦術かと言われると微妙です。インサイドプレーが超強いなら3Pなんて必要ない時代だったはずです。だからダントーニサンズは小さなセンターでうまくいっていたのにシャックを獲得したわけです。

ガソル弟によるとヒートがクリス・ボッシュをセンターに据えた頃から早さを重要視し始めたという事ですが、早さよりもミドルレンジショットを使う事、つまりインサイドプレーを重要視しない風潮が強まったと考えます。ボッシュはウェイド&レブロンを活かせる《戦術に合わせて》コンバートされたはずです。

そして登場したのはスモールラインナップ。そもそもセンター要らない説が登場します。 現地でどのような使い分けをされているか分かりませんが、スモールラインナップにも2種類あります。センター不要と機動力PFをセンターにするタイプです。

何れにしても高さ&パワーの旧来型センター受難の時代がやってきました。アウトサイドを決められないと生き残れないという雰囲気になったのは事実です。

, , ,

取り残されたセンター達は努力します。この夏の流行はダイエット。主にディフェンスのためではありますが、高速化する試合の中で存在感を発揮するためには重い身体ではついていけません。

一方でHC達は考えます。高速化する時代でどうすれば勝てるのか?

「やっぱりスモールラインナップ対抗しかない」

そんな簡単な答えに辿り着くとロスターを変えていきます。代表格はキャブス。ファイナルまで進んだモズコフをクビにし、トリスタン・トンプソンをセンターにコンバートしたら、今季はラブに変えていきます。

でも、誰もがそんな回答を求める訳ではないのも面白い所。時代に沿った戦術を構築して行くHC達が存在します。 そして不要論も出ているセンターに何をやらせているかで、各チームの特色が出ていたりします。実はセンターと言いつつPFと合わせての考えだったりもしますが。

, , ,

というわけで、今回のテーマはセンターの活用方法にチームの特色が出ていること。

「センターを知ればチーム戦術が判る」

かなりのチャレンジ企画です。要は見切り発車です。開幕からひと月経った時点で行われている内容をセンター視点でまとめるものでもあります。 オールスター明けには既に時代遅れになっている可能性もあります。同時に開幕後は良くてもその頃には相手に読まれて機能しなくなっているかもしれません。

前編は新しく感じた内容よりも近年の特徴になるため、さすがに大丈夫だと思います。 なお、この記事は11/13〜15にかけて作成していますので、数字はその頃の数字です。

, , ,

①ウエストブルック、ハーデン、ウォール

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:
センター

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜」へのコメント

ありがとうございます。

バスケのコーチの仕事はリクルーティングと言われますからね。教えられるかというと、それもまた微妙。
自分のチームも全くダメですよ。

ガソル兄弟みたいに何でもこなすのは2人の才能と多くの基礎能力が鍛えられているからでしょうね。

戦術に合わなければ転校できる環境はバスケには重要ですね。

選手の能力が重要なのは昔も今も同じで、それがセンターじゃなくても良くなった戦術の時代だと思います。

センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜

いやめっちゃ面白い分析でした!
ありがとうございます!!

高校のコーチをしていてセンターを指導していたときや今社会人サークルでセンターをやっていて、ポストアップとピックにいくとき以外にどう動くのかというのは本当に悩ましい問題でした。
戦略、戦術がとくにないようなチームにおけるセンターのオフボールの動きはバスケセンスとかバスケIQによるものなんだろうなーとか考えていました。

本記事でチーム戦術におけるセンターの役割にここまで意図があったのかと驚きました。
(そりゃ世界最高峰の舞台では当たり前ですよね…汗)

私がNBAを見始めたころはオラジュワン、ユーイング、ロビンソン、シャックやケンプ、マローン、ダンカンなどのインサイドのフロントラインにどうフィニッシュさせるかという戦術がメインだったように思います。サボニス父なんかは3P打てることに対して憧れ半分、お前はそこじゃねーだろというセンターならゴール下で身体張ってなんぼみたいな批判半分で見てました。当時はサボニス父みたいなタイプはセンターの見本にはならないという風潮だったと思います。

この20年くらいで本当にバスケが変わったのを感じます。

歴代の得点王もフォワード・センターが取ることが多かった時代からジョーダン以降ガードの選手が当たり前のように得点王になってきましたが、歴代得点ランキングの上位10人のポジションなど調べてみたくなりました。

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/11/18 G16 #富山グラウジーズ🔥○91-82●川崎ブレイブサンダース。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171118 ナゲッツ vs ペリカンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171118 ウィザーズ vs ヒート【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss