バスケのデータ見ながら語ります。

20171118 ナゲッツ vs ペリカンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

凄く良いナゲッツと凄く悪いナゲッツしかみていないので、もう1度ナゲッツ。

ペリカンズはちょこちょこ観るけど、感想を言うのが難しいチーム。

つまりどちらも表現し難い両チームを同時に処理したい試合です。

, , ,

◉マレー、マレー、マレー、ハウス、ハウス、ハウス

素晴らしい方のナゲッツがスタートします。全てはマレー。ゲーリー・ハウスがいない間はシューターとして機能させていました。結局はシュートがカギを握るような印象は続きます。

そしてハウスもいるので超強力なナゲッツオフェンス。25ー4になるのですが、凄いのはペリカンズのリバウンドは0。ほぼ落とさないナゲッツ。ペリカンズのリズムが生まれるわけもありません。

ミルサップの3Pが外れると外から走り込んだハウスがプットバックダンク。中外動くミルサップが意味を成しているのを初めて感じました。

, , ,

ペリカンズはよくわからないけど、カズンズがヨキッチに押さえ込まれます。プラムリーになってもダメだったから本人の問題。 カズンズがダメだとペリカンズはダメなんだよね。

そのためデイビスのワンセンターにして立て直すペリカンズ。違いは動かない起点のカズンズがいなくなって全員が動くこと。欠点は動き過ぎると合わない事。 よい部分が現れてなんとか19点まで伸ばせましたよ

◯1QのナゲッツFG チーム 15/23 マレー 5/6 ハウス 4/4

37点とったナゲッツ。 どうやら良過ぎる方のナゲッツになりそうで早くも挫けそうです。救いはペリカンズが盛り返してくれた事。 ナゲッツに足りなかったのはシューティングエースのハウスだと言うことがよくわかる1Qでした。

, , ,

◉アンソニー・デイビスのペリカンズ

ハウスもマレーもベンチに置いてヨキッチを使うナゲッツ。チャンドラーが決めた事で得点としては問題なかったけど、1Qのような華麗さはありません。

ヨキッチはデイビスのスピードに全くついていけません。カズンズ不在がもたらすスピード感。ロンドが戻ってきて、ネルソンもいるので使い分けがしやすくなっています。 1度動き始めたのでデイビス→カズンズでもそれなりに動くペリカンズのオフェンス。でも、やっぱりカズンズがイマイチ。

ロンドが加わって良くなったと感じるのは、カズンズがリーダーだったのが2人に増えた事。ダメなカズンズを制御する動きが出てきます。ペリカンズが活かすべきはデイビス。そう徹底し直したようにデイビスのフィニッシュに繋げていくペリカンズ。

連続で速攻が出て残り5分11点差まで縮まってナゲッツがタイムアウト。

, , ,

マレーとハウスが戻ってくるとマレーの3P、ハウスのミドル。やっぱり必要なのはこの2人。

しかしペリカンズはそもそもオフェンス仕様なので攻めていきます。ロンドからデイビスに見事なアリウープが通ります。あれはカズンズには出せない。さらにヨキッチとのスピードのミスマッチを制して点差を縮めます。最後もロンドがブザービーター気味に決めました。

ナゲッツに27点を取られたペリカンズですが、37点を取り返したので高いオフェンス力で安定を生み出した形です。

, , ,

◉2分で終わった後半

逆サイドからオフェンスリバウンドに飛び込んだマレーのプットバックで後半が始まります。デイビスのジャンパーの後で、ターンしたヨキッチの頭がデイビスに入ってオフェンスファール。ちょっと危ないし、脳震盪テストでロッカーへ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
デイビス
ペリカンズ
ハリス
ナゲッツ
マレー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171118 ウィザーズ vs ヒート【バスケのデータ見ながら語ります。】

研究成果が学会論文誌に掲載されました:「統計的レーティング手法に基づくB リーグの制度設計に関する考察 」(『バスケットボール研究』第3号)【konakalab】

20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss