バスケのデータ見ながら語ります。

20171118 ウィザーズ vs ヒート

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィザーズvsヒートは2連戦です。2日前はウィザーズが前半にリードを得て、3Qに追いつかれ、4Qにディフェンスで勝ち切ったスタッツです。

ウィザーズからすると全体的には良いのに3Qだけ全くダメでリードを溶かす、よく観る展開です。ヒートからすると攻守に安定感を欠く試合でした。ディフェンスが良いと安定するなんてウソです。

少し両チームをアップデートしておきます。

, , ,

◉アンバランスなヒート

6勝8敗

◯オフェンスレーティング 100.5(24位) ◯2P 55.3%(14位) ◯3P 35.8%(18位)

順位相当のFG%ですが、それよりも悪いレーティング。

◯オフェンスリバウンド 8.4(26位) ◯ターンオーバー 16.6(26位)

ダメなのはミスが多く、セカンドチャンスも作れない事です。

◯FG% ドラジッチ 47.5% ウェイターズ 42.7% ホワイトサイド 54.3%

◯ターンオーバー ドラジッチ 2.3 ウェイターズ 3.3 ホワイトサイド 1.9

スコアリングリーダーの3人をみると目立つのはウェイターズの効率の悪さ。しかし他の選手も多いです。

◯ターンオーバー ジョンソン 2.8 オリニク 2.1 リチャードソン 2.4

ボールを持つ時間の多いジェームス・ジョンソンはともかく、オリニクの時間はオフェンスリバウンドを期待し難い部分もあり、ミスも多いとなると厳しいです。

この5試合をみればリチャードソンを除けば個人の3P36%を超えており、調子が戻ってきているので、ミスをなくすのが1番重要です。

, , ,

◯ディフェンスレーティング 103.1(11位) ◯被2P 50.3%(1位) ◯被3P 38.0%(21位)

ディフェンスは分かりやすくインサイドを守っています。そして3Pを守れなければいけない現代バスケ。

◯ディフェンスレーティング ドラジッチ 105.5 ホワイトサイド 99.3 リチャードソン 98.9

ディフェンスは逆にドラギッチが非常に悪くリチャードソンが非常に良くなります。2人とも33分以上出場しているので、これだけ差がつくのは珍しいです。

全員アタックなのに誰を出せば良いのか難しいヒートでした。

, , ,

◉前半勝負のウィザーズ

9勝5敗

◯レーティング オフェンス 108.2(5位) ディフェンス 103.0(10位)

エリートチームのレーティングだけど、勝率はそこそこなウィザーズ。その要因はどのスタッツも特徴として挙げるにはどれもそこそこ良い事。

今季からはディフェンスも良くなり、ウーブレイの成長で戦力強化されました。分かりやすい武器がなくなった事で、各分野で高レベルなのですが、気持ちの入れようで試合中でのアップダウン、というかダウンの時間が目立つようになっています。

◯レーティング差 1Q 18.3 2Q 6.6 3Q ー0.1 4Q ー3.0

頻繁にリードを溶かしているのがよくわかるQ毎の差です。特にエースのウォールとビールがFG%も落ちればターンオーバーも増えます。

接戦に弱いというよりは失速しすぎなウィザーズ。逆転のセルティックスを観た後ではイーストで勝つためには、エース達が変わらないといけないぜ!

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ウェイターズ
ホワイトサイド
ウィザーズ
ヒート
ビール

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

研究成果が学会論文誌に掲載されました:「統計的レーティング手法に基づくB リーグの制度設計に関する考察 」(『バスケットボール研究』第3号)【konakalab】

20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171116 レイカーズ vs シクサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss