バスケのデータ見ながら語ります。

20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーリアーズとセルティックスの首位対決です。メンバーが大きく変わったセルティックスがこんな位置にいるとは驚きです。恐るべきはブラット・スティーブンスHCの手腕。

ウォーリアーズは相手によって合わせる必要のないチームです。だからスティーブンスによる対策がどれだけ通用するのかが勝負の分かれ目です。1番有効なのはFG%を多分高めて速攻のチャンスを与えない事。

◯ウォーリアーズの速攻 26.6(1位) ◯セルティックスの被速攻 7.7(3位)

ほぼこの対決とみて良いでしょう。

, , ,

◉ウォーリアーズの注文通りの展開

快調にシュートを決めていくセルティックスですが、ブラウンのゴール下が外れたリバウンドをとったデュラントがそのまま自分で持って行ってレイアップ。 ホーフォードが外したリバウンドをとったトンプソンがプッシュして最後は3P。要はこれがウォーリアーズペースに繋がるので、早々にタイムアウトを要求するスティーブンス。

走ってリードを得たウォーリアーズに対し苦しいセルティックスは1番マッチアップが楽なホーフォードが自分で決めます。更にモリスが厳しいチェックをかいくぐって3P。やっている事がウィザーズのモリスと同じなので、やっぱり昨季のプレーオフで「あいつ欲しい」と思ったのだろうな。

更にブラウンがカリーにプレッシャーをかけてスティールから速攻を決めて追いつきます。頻繁に見る気がするカリー潰し。

しかし、シュートが決まらなくなるセルティックス。苦しいのはカリーに止められているアーヴィング。ホーフォードの次に楽なマッチアップなのだけど、そこが負けると攻め所をなくします。でもカリーもシュートを外してくれるので助かる。

ブラウンが自分で勝負したそうなのだけど、ガマンする場面が多かったのは強気で行くのは良いけど、外すとカウンターされるので自重していそう。

最後はセカンドユニットになって、ヤングが2本の3Pを決めてウォーリアーズリードで1Qが終わります。

良くなかった1Qだけど、傷口を広げなかった印象です。

, , ,

◉ボールムーブのユニット

ウォーリアーズは1Q最後にマギーを出しますが、2Qはウエストがスタートします。さらにヤング→トンプソン。この違いはよりボールムーブを意識したものです。

リバウンドをとったイグダラはかなり早くプッシュしようとします。あまり成功しませんでしたが、ボールムーブと動き意識が高まります。セルティックスが連続でシュートを落としたところで速攻が2本続きました。

面白かったのはロジアーvsリビングストンで、お互いにオフェンスで強く行けるのですがスピードのミスマッチで自分で決めるロジアーと高さのミスマッチで起点として機能しようとするリビングストン。 2人は互角だけど、その後の展開をみるとリビングストンの勝ちでした。

, , ,

◉反撃のチャンスを探す

得点がとれないセルティックス。 その要因は相手のスイッチを促して有利なマッチアップを作る仕組みが機能しない事。ウエストの次はルーニーを使うウォーリアーズもそれを意識しています。小さいのはカリーくらいだし、遅いのもパチュリアくらいしかいない特性を使います。

一方のウォーリアーズもシュートが決まりません。セルティックスは複数でドライブコースを塞いでくるので、インサイドに切れ込めないデュラントとカリー。そこから打つミドルが決まらなかったので、半分はセルティックスのディフェンス力。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
カー
デュラント
ウォーリアーズ
スティーブンス
セルティックス
ブラウン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ」へのコメント

個人的にもそこにウォーリアーズの問題があると思います。もっと全員でやっていたじゃないか!と思っています。

それがウォーリアーズが弱くなった理由として書くのを辞めた記事だったり。データはまだ調べていません。

同時にグリーンが目立ち過ぎもあるかと。カリーとグリーンを狙われたのって単に弱点を探しただけでなく、今季のウォーリアーズの悪いパターンに陥れたのだと読んでいます。

デュラントとトンプソンはキャッチ&シュートなので本数はあまり関係ないかな。

20171117 セルティックス vs ウォーリアーズ

色々なチームの試合を観たいとのこともあり、余りにも強すぎるウォーリアーズの試合は全然見れていませんがハイライトだけはチェックするようにしております。

ハイライトを見る限りシュート、フィニッシュの比重が以前に比べ デュラント、カリー、トンプソンの3人に偏っている気がしますがどうなんでしょうか? それ故にターゲットが絞りやすくなっている気がします。それでもシュートが決まる3人は凄いのですが。

昨季に比べ大幅にメンバーが変わるなかでも、毎年勝ち星を増やすつつあるスティーブンスって凄いと感心してます。

大活躍のブラウン!今後が楽しみです。

こんな記事も読みたい

20171116 レイカーズ vs シクサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171116 バックス vs ピストンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171114 ブレイザーズ vs ナゲッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:16755
  • 累計のページビュー:1641400

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss