バスケのデータ見ながら語ります。

20171116 レイカーズ vs シクサーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

新人王を争う2人の対戦です。争うといってもシモンズの方がかなり前を走っていますし、他にも候補はいっぱいいます。それでも注目したくなるのは話題性以上に似たタイプの2人だからです。

既にトリプルダブルをしている両者はパスファーストのオールラウンドなプレーヤーです。身体能力もありますが、それに頼らないプレーも特徴です。

まだまだルーキーの2人ですが、チームを勝利に導く事を求められています。シモンズには正に自分の力でクラッチタイムを決める事が期待され、ロンゾは周囲に決めさせる事が求められているのが異なる部分です。

, , ,

◯ロンゾ・ボール 9.5点 6.7リバウンド 7.2アシスト

実はサンズ戦で29点をとったから平均が上がっているものの、二桁得点は4試合しかないロンゾ。課題は当然FG31.3%の改善。なおフリースローも50%。

ジャンプシュートに課題があるのはもちろんですが、レイアップも42.4%と低いです。切り込んでのフィニッシュに難のあるロンゾ。

アシストとターンオーバーは素晴らしくケンバやアーヴィング並のアシスト/ターンオーバー率です。

, , ,

◯ベン・シモンズ 17.8点 9.2リバウンド 7.5アシスト

ウエストブルックのシーズントリプルダブルの奇跡は2度と観れない気がしたら現れたシモンズ。レブロンとは似てないけど、チームを劇的に変えているという意味ではレブロン以来の衝撃と言われても納得です。

◯チームの勝敗と活躍 勝利 19.9点 10.7リバウンド 8.1アシスト 敗北 15.3点 7.5リバウンド 6.8アシスト

弱点は3Pと言われますが、そもそもシュートの85%をペイント内で打っています。にも関わらず、ジャンプシュートの確率は32.4%と低いので、ゴール下にさえ行かせなければ良しとしたのはジャズのイングルスでした。近距離のジャンプシュートも課題です。

なお、7本打った3Pは全て外れていますが、全部バックコートから打ったもの。実質1本も打っていません。

チームは38.8%と確率よく決めており、シューター達にパスを供給するのがシモンズの役割です。

戦術シモンズのシクサーズ。オフェンスはシモンズに任せとけば問題ない。

, , ,

◯エンビート 20.9点 10.8リバウンド 3.2アシスト

素晴らしい成績に思えるエンビートのターンオーバーは4.6。ボールを長々と持つわけでもないので、厳しい数字。3P22.9%と打つけど入らない非効率なエンビート。 アウトサイドにはシューター達がいるのに打ってしまいます。戦術に合っていません。

しかし、エンビートの存在が重要なのはディフェンス。

◯ディフェンスレーティング チーム 103.5 エンビート 96.7

チームで唯一100を割るエンビート。圧倒的なのは守備力。 オフェンスが戦術シモンズなら、ディフェンスは戦術エンビート。

, , ,

◯ブルック・ロペス 24.5分 15.3点 3P35.1% 1.7ブロック

◯ジョーダン・クラークソン 21.3分 15.5点 FG51.2%

レイカーズで虐められている2人。結果は残すけど試合にはあまり使ってもらえない。今季のクラークソンの数字は素晴らしい。

◯ディフェンスレーティング チーム 99.7 ロペス 98.9 クラークソン 99.7

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
クラークソン
クズマ
エンビート
イングラム
シモンズ
シクサーズ
レイカーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171116 レイカーズ vs シクサーズ」へのコメント

ロペスで勝った試合がいくつかありましたが、本当はレイカーズには勝つ方法はあるのですが、マジックの目標は「ショータイムで優勝する」なのでスティーブ・カーの流れをくむウォルトンHCとしても、今の内容で個人を成長させる事を求められていますからね。

個人的にはなんて事ないドライブにみえるのに、相手を抜く事が出来ているので、3Pが加わればかなり違う気がします。

20171116 レイカーズ vs シクサーズ

確かに少し焦りすぎかもしれませんね。 でももう少しなんとかならないかと思うところです。

「20171116 レイカーズ vs シクサーズ」へのコメント

どうですかね。ドラフト結果は数年後を観ないと。

イングラムは他の2年目も活躍していないからマシだと思います。可能性を秘めているだけ良いかなと。

ロンゾは他のチームならばもう少し活躍したかも。レイカーズは周りがドライブで決めていくタイプなのでロンゾと合うかと言われると?です。
それこそシモンズの所にロンゾがいたら今よりは活躍したと思います。少なくともシクサーズのフルツよりは・・・。オカフォーだって・・・。

ドラフト年齢が下がってきたので、活躍するかは賭けだったりしますね。

20171116 レイカーズ vs シクサーズ

レイカーズの名門復活は遠いなぁ~と思いながら見てしまいました。

ロンゾの指名は完全に失敗ですよね。今年は2位以下のテイタム、フォックス、モンク、スミスJrが良いパフォーマンスを見せているだけに失敗と言わざるを得ないですね。 イングラムがようやっと成長してきましたが、3年連続の2位指名がこれでは完全なスカウト能力不足ですね。

こんな記事も読みたい

20171116 バックス vs ピストンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171114 ブレイザーズ vs ナゲッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171112 セルティックス vs ラプターズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss