バスケのデータ見ながら語ります。

20171116 バックス vs ピストンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

避けては通れない1戦。前回はピストンズが勝ちましたが、その内容はバックスの戦略が予定通りに進んだものの、フリースローを与えないピストンズと与えまくるバックスという構図で決着しました。

それは本ブログの「バックスが勝てない理由」の題材にもなりました。 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/214

それからピストンズは連勝街道を突き進み、セルティックスに次ぐイースト2位に。 バックスは5割を割ったところでブレッドソーが加入して3連勝。勝ち越しまできています。

ピストンズはその強さを、バックスは前回の反省を示す場になります。

なお、最悪の展開は前回と同じ流れなんだけど、ドラモンドがフリースローを外しまくってバックスが勝つ事です。それで勝たれては何の検証にもならないから困ってしまうよ。

, , ,

◉強いよピストンズ

◯レーティング オフェンス 107.4(7位) ディフェンス 102.4(9位)

攻守に安定のピストンズ。ディフェンスの良いチームだったけど、オフェンスが良くて勝っている感じです。

ターンオーバー 14.4(3位) オフェンスリバウンド 11.4(3位)

オフェンスはミスが少なくオフェンスリバウンドで攻撃回数を増やします。FG%は高くないので、3Pは38%も決まります。

アウトサイド守るのが苦手で、ディフェンスリバウンドを死守するバックスとはお互いの強みがぶつかり合う形です。

, , ,

◯トバイアス・ハリス 20.1点 3P50.6%

エースはトバイアス・ハリス。しかしオフェンスの中心ではありません。ハンドオフ(1位)を使ってガードを中心に設計されたオフェンスの中で、最後にボールが届いてシュートを打つのが役割です。困った時のハリス。

そこで高確率で3Pを決められるとお手上げ状態に。

逆に言えば困った時のハリスの得点が多いのだから、ここの確率を落とせばピストンズの怖さは半減します。50%の3Pは凄すぎるので、それだけでも止めたいところ。

◯アンドレ・ドラモンドのリバウンド オフェンス 5.4 ディフェンス 10.3

外しても待ち構えるのはドラモンド。オフェンスリバウンド強いチームだけど、半分近くをとっているドラモンド。

◯ピストンズの速攻での失点 8.1(5位)

オフェンスリバウンド強いチームだけど、ドラモンドが1人でなんとかしてしまうので、トランジションディフェンスも強いというピストンズ。

そんなわけで、他はさておきハリスとドラモンドを何とかしないと自分達の設計が狂ってしまうよバックス。

, , ,

◉ブレッドソー効果?

「ブレッドソー加わって3連勝したぞ!攻撃力アップで強くなったぞ!」

なんていう意見を簡単に信じなくなっている読者の方は、本ブログに侵されてきているかもしれません。

3試合とはいえ、ちゃんと検証しなければダメよ。

ブレッドソー前後で比べてみます。

◯FG 49.1% → 45.3% ◯3P 39.9% → 36.5% ◯アシスト 24.9→ 22.0 ◯ターンオーバー 14.9 → 12.7

ターンオーバーこそ減りましたが、基本的に下がったオフェンス数値。なお、ターンオーバーを減らしたのはアンテトクンポなのでブレッドソー効果でボール持つ時間が減ったと推測されます。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ヘンソン
ブレッドソー
アンテトクンポ
ブラッドリー
ピストンズ
バックス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171114 ブレイザーズ vs ナゲッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171112 セルティックス vs ラプターズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171110 ナゲッツ vs マジック【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1713638

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. スティーブ・カーとダントーニ 後編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss