バスケのデータ見ながら語ります。

20171112 セルティックス vs ラプターズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉よりらしくなるセルティックス

アーヴィングはケガでお休み。出てくるのはマーカス・スマート。決定力はアーヴィングが遥かに上だけど、じゃあどちらがセルティックスらしく、チームを勝利に導くかというとスマート。

よりセルティックスらしい試合が見れそうです。らしいだけで強いかは別のお話。

始めから働くのはスマート。働き方はバランスを整えて適切なところから仕掛けさせる。それだけ。ハンドラーがディフェンスを集めてウイングがフィニッシュするのが理想なので、ブラウン&テイタム、そして時折ウイングのホーフォード。

それ以上に目立つのはディフェンス。とにかくハンドチェックの上手いセルティックス。マブスを身体能力不足でこぼれ球への反応が遅くなると評しましたが、セルティックスはとにかくそこが早い。

デローザンのパスをブラウンが触ってコースが変わると反応が早いテイタムが奪います。誰かがスティールするとすぐに逆サイドが走り出します。このトランジションの速度が全く違う両チーム。

セルティックス優勢で進めますが、イージーシュートを外したり、イバカ&ノゲイラのブロックの餌食になって得点は伸びません。

, , ,

◉新スタイルを忘れるラウリー&デローザン

新スタイルで戦うラプターズはボールを回して全員が積極的に打ちます。と、言いたいのですが観る試合ではラウリー&デローザンしまくります。要は相手が強いと元に戻る傾向があります。最終的にどこで着地するのかはプレーオフにならないとわかりません。

かなり苦しいラプターズですが、こちらはラウリー&デローザンが難しいシュートも決めてしまうから点数は取れます。序盤は特にラウリー。ファールを誘いまくってフリースローとロング3Pで加点します。

ラウリーがベンチに下がるとデローザンのドライブ。24点をとったラプターズだけどイバカの3P以外は全てラウリー&デローザンでした。

何も変わってないぜラプターズ。

, , ,

◉セカンドユニット

クリッパーズもそうですが、既存のチームに新しい戦術を取り込もうとするとセカンドユニットの方がちゃんとやれたりします。プレータイムもらえるかギリギリだからちゃんとやる若手達。

ラプターズもセカンドユニットの方がボールを回すし、バランス良く仕掛ける形。シアカムの怪しい3Pまで決まってしまい少しだけリードを得ます。

セルティックスはそもそもスターターが戦術しっかり守るので、セカンドユニットは単純に力が落ちていました。アーヴィング不在が響くのはむしろこっちだったりします。1人足りない。

ディフェンスは良いのだけど、さすがにあそこまで振り回されると簡単には守れない。オフェンスは個人力不足でした。ラプターズがよく守ってもいます。

, , ,

スマート、ブラウン、ホーフォードが戻ると簡単に追いつくセルティックス。デローザンがスマート相手にドライブ仕掛けるけど最後のレイアップを外したりします。この辺はスマート個人の小さくて大きな差なのでセカンドユニットには厳しい部分。

追いつかれたらラウリー&デローザンで加点するラプターズ。アーヴィングみたいなハンドリングでファールを引き出すスマート。シュートまで決めたらアーヴィングなんだけど。

イバカがドライブから&ワンを決め、ロジアーが4点プレーを返して49ー44でラプターズリードで前半が終わります。

, , ,

◉前半はアーヴィングの差

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
スマート
ラウリー
デローザン
ホーフォード
ラプターズ
セルティックス
ブラウン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

20171112 セルティックス vs ラプターズ

なるほど~。戦術とかはよくわかっていないのですが、
今までは一人で決めることが多かったのが、
役割も変わりこれからは彼なりのスタイルを変えていく必要もあるのかもしれないですね。
確かにセルティックに来てからの方がアシストは増えている気がします。
それに動きながらボールをもらうことが多くなりましたね。
今のフィニッシュ力に周りを生かすスキルを身に付けて、
更なるスーパースターになってくれることを期待したいと思います。
今日のウォーリアーズ戦どうなるかな・・・。

「20171112 セルティックス vs ラプターズ」へのコメント

あまり観ていないのですが、キャブスだとレブロンからのパスを決めるか、大きくスペーシングされた中で、自分のリズムで勝負する環境だったので、高いFG%でした。

セルティックスはハンドラーとして狭い空間を連携で突破するのが役割です。そこにディフェンスが寄ってきたらウイングに渡します。

またヘイワードがいなくなり代わりにベインズやモリスというインサイドを使うのでインサイドが混雑したことも影響していると想像されます。

アーヴィングは自分で決めるのが優先のイメージなので、セルティックスにいると違和感がありますね。

20171112 セルティックス vs ラプターズ

カイリーがセルティックスでプレーすることにいまだに違和感があります。。
彼自身もまだ馴染んでないんじゃないかなと思います。
でもカイリーファンなので応援しています!
セルティックスに来てから、FG%がすごく下がってる気がします。
それはシュート数が多くなり、さらにキャブズの時よりハードなシュートが増えている気がするのですが、そのせいでしょうか?

こんな記事も読みたい

20171110 ナゲッツ vs マジック【バスケのデータ見ながら語ります。】

2017' 男子第69回 北海道大学バスケットボール選手権大会 入替戦 星槎道都大● 74-95 ○札幌学院大。【星槎道都大学 男子バスケットボール部 BraveFoxies】

【#Bリーグ】2017/11/12 G15 #富山グラウジーズ●78-83○横浜ビー・コルセアーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss