バスケのデータ見ながら語ります。

20171110 マーベリックス vs キャブス

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉復活しそうなキャブス

前回はウィザーズ戦でしたが、レブロン無双作戦を発動し勝利しました。その際に感じたのはレブロンをセンターとして使う新しいシステムの可能性でした。どうやらルーHCも同じような事を感じたらしく、ホークス戦ではそんな雰囲気がたっぷりとしました。

迎えたバックス戦では超高確率合戦を制して勝ちました。 バックス FG56.6% 3P43.3% キャブス FG50.0% 3P50.0%

なお、例のバックス戦術によりフリースローだけで21点も多く取れたことが勝因です。勝因というかバックスの敗因。

, , ,

そんなわけで復活の兆しをみせているのが、キャブスのオフェンスです。

◯オフェンスレーティング 109.0(3位)

なお、上の2チームはウォーリアーズとロケッツなので各チームが定位置につき始めました。しかし、昨季までとは少し構成が違います。

◯EFG 54.7% → 57.1% ◯2P 52.8% → 59.3% ◯3P 38.4% → 35.4%

つまり3Pの効率で勝っていた昨季から2Pの効率で勝つ今季にスタイルチェンジです。

本当はこんな数字を元に「キャブスが勝てる理由」という記事を書こうかな、とも考えていますが、単にレブロンが頑張っているだけなんて話もありますし、何より勝ってないよね、という事でスタイルが本当に固まってきているのか確認です。

個人的にレブロンの突破力を活かすため全員が大きくスペーシングして、レブロンから全てが始まるオフェンスを「レブロンシステム」と呼んでいますが、大きくスペーシングする事は同じでレブロンをセンターに置くのを「ネオレブロンシステム」と呼ぼうとしています。 違うのはフィニッシュが主な役割になったため、レブロンを経由しないでシュートまで行く事が可能になりました。

, , ,

◉イメージの話

個人的にはキャブスが良いのは、この5人のユニットです。

シャンパート グリーン クラウダー レブロン ラブ

しかし、このユニットには問題があって交代要員がいません。シャンパートだけはいないわけではありませんが。 レブロンの代役がいないだけならともかく、他もいないというのはスタミナやバランスの問題だけでなく、パターンが固定化されてしまいます。

ちなみにこのユニットはSF周りの選手で構成するオールラウンダーのポジションレスが可能な流行形です。アーヴィングの乱、そしてレブロンの代役が欲しいというチーム事情が生み出したのは流行形という運の良さ。ガード陣の欠場も関係しているし。

選手層厚いから良い組み合わせ探して行ったら代役がいないユニットになったわけです。

そんなわけで注目は2点。 このユニットが本当に機能しているのか? ベンチメンバーでどんな構成にするのか?

ローズが戻って即解体なんて可能性も十分にあります。

, , ,

◉勝てないマブス

対するは普通に勝ててないマブス。 今季は弱いと思われていたチームの躍進が目立ちますが、その仕組みはやはり戦術にあるわけです。弱いかもしれないけど、その分だけ戦術も特殊な方向に動かします。

マブスはPGが組み立てる正統派で、各ポジションにバランスよく選手を揃えています。それはある意味時代遅れですが。 例外がそのPGです。期待のデニス・スミスjrにバレア、ファレル、カリー弟。 個人的にはこのパターンも流行る気がするので、何か新しい要素を生み出せるかに注目しています。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
クラウダー
ファレル
マシューズ
ラブ
スミス
マーベリックス
グリーン
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/11/11 G14 #富山グラウジーズ🔥○92-87●横浜ビー・コルセアーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【NBA17-18】CLE vs HOU , 🍳ハーデンがトリプルダブル(35p11r13a5s)、ロケッツ4連勝。 #Rockets【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バックスが勝てない理由「戦略設計から導かれた敗北」【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss