バスケのデータ見ながら語ります。

バックスが勝てない理由「戦略設計から導かれた敗北」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コービーから出たアンテトクンポへの課題はMVP! 次代を担うスーパースターとしての道を突き進みモンスター化していきます。誰も止められないその能力と若いながらもチームプレーで結束するバックスのリーダーとして大活躍。

しかし、チームは4勝6敗と負け越しスタートです。その理由を探っていくのが今回のテーマです。

, , ,

◉大活躍してるアンテトクンポ。一方チームメイトは?

◯アンテトクンポ 得点 31.9 FG 60.1% リバウンド 9.8 アシスト 4.8

大活躍のアンテトクンポ。特にFG%は素晴らしい。そんな選手を抱えていながら4勝6敗のバックス。他の選手がダメなようにも感じます。 「アンテトクンポが持ち過ぎて周囲のリズムが乱れている。」チームが勝てない時に言われるあるあるですが、アテンプト上位選手のFG%を見てみると

◯FG% チーム 49.1%(2位) ミドルトン 42.4% ブログトン 50.5% スネル 57.8%

全くそんな事はありませんでした。アンテトクンポに引っ張られ全員が高確率のバックス。特にPGでありながらブログトンは素晴らしい成績です。

◯ブログトン 得点 16.2 3P 48.8% アシスト 4.9 ターンオーバー 1.8

今季はアンテトクンポに個人技で得点させているので目立ちませんが、ブログトンの存在はバックスのチームオフェンスのキーポイントでした。 フロアバランスを整え、チーム全体を操り相手の弱い部分をつくブログトンだからこそ高いFG%を誇ります。

超高確率のエースだけでなく、PG自身も高いFG%を残しながらチームをコントロールし、リーグで2番目の高確率オフェンスを構成させています。

, , ,

◉ブレッドソーの特徴

ブログトンがいるのでシーズン前にスコアリングPGであるアーヴィング獲得の話でも驚いたくらいで、ましてやブレッドソーは衝撃でした。

◯ブレッドソー(昨季の数字) 得点 21.1 FG 43.4% 3P 33.5% アシスト 6.3 ターンオーバー 3.4

高い決定率をカラーにしているチームに、能力は高くても違う特徴の選手をいれると苦労するのは、ちょうどキャブスが直面している課題です。

先ずはバックスオフェンスを追いながらブレッドソーを欲しがる理由も探っていきます。

, , ,

◉FG%に見合わないレーティング

◯オフェンスレーティング 107.1(9位)

リーグで2番目に高いFG%にしては微妙なオフェンス力です。何か悪い部分があるのでしょうか?

◯アシスト率 62.3%(5位) ◯ターンオーバー率 15.1%(15位) ◯アシスト/ターンオーバー率 1.67(2位)

ターンオーバー率は高いものの、アシストを生み出すためのミスである事がわかります。トータルでみればリーグ有数の効率性に成功しています。 ちなみにアシスト/ターンオーバー率のトップはウォーリアーズですがターンオーバー率16.5%とバックスよりも多いです。

アンテトクンポ個人の突破に頼っているようで、実はチームでアシストして非常に効率的なオフェンスを構築しているのがバックスです。その分シュート前のミスは起こり得るという事でもあります。

◯オフェンスリバウンド率 15.6%(30位) ◯セカンドチャンス 7.4(30位)

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:
ジャカリ
ミドルトン
ブレッドソー
キッド
ブログトン
アンテトクンポ
バックス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学リーグ戦順位決定戦 神奈川大戦【東海スポーツ】

サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171109 ピストンズ vs ペイサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss