バスケのデータ見ながら語ります。

サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新ビック3を結成したサンダー。開幕戦後にSNS検索すると賞賛の言葉がたくさんありましたが、そんな時期も今は昔。キングスにも負けてまさかの勝率5割を割りました。

ウルブズとの2戦は致し方ない部分もありますが、さすがにちょっと負け過ぎです。何がダメなのか、何となく答えは持っていたのですが、まぁそれ以前の問題がありました。

, , ,

◉ロバーソンを笑えない

ロバーソンってご存知ですよね?

オールディフェンス2ndチームにも選ばれた守備の人にして、笑われるくらいシュートが下手な選手です。サンダーの対戦相手は困ったらロバーソンをフリーにします。それはもうウルブズなんか酷いくらいに。

対戦相手のファンはロバーソンに3Pを決められたらクレームしてくるくらいです。

そうやってみんなでロバーソンを笑ったりするわけですが、しかし、笑えないのはサンダーのビック3。

◯FG% チーム 44.4%(21位) ロバーソン 43.5%

ウエストブルック 43.1% ジョージ 42.3% カーメロ 41.5%

ウエストブルックはまぁこんなものだったりしますが、笑えない新加入2人。それでもジョージは3P38.8%決めているのですが、カーメロは32.8%。もう散々。

というわけで答えが出てしまいましたサンダーが勝てない理由はビック3がシュート外しすぎです。

, , ,

◉前提が間違っていました。

「何故、サンダーは勝てないのか?」

というテーマは、そもそも「ビック3が活躍しているのに」という前提が必要なのですが、活躍してないから勝てないわけです。

サンダーの試合を観ていると「1番重要なのはアダムス」という感想を抱きますが、ひょっとするとアダムスが活躍しているからではなく、他が活躍しないからかもしれません。 みんながシュートを決めれば、アダムスはオフェンスで目立たなくなるはずです。

, , ,

◉3Pと戦術

◯オープン3Pの確率 チーム 28.2%(27位)

ウエストブルック 29.6% ジョージ 34.4% カーメロ 19.2% アブリーネス 14.3%

ディフェンスが4ー6フィート離れているときの3Pの確率です。ちなみにこの状況だとチームで40%を超えているのが5チームあります。つまり異常に決めていないカーメロとアブリーネス。

昨季までならばオフェンス自体が重たい感じで決め難い雰囲気はありましたが、割と軽く打てている今季なので問題は大きいです。 ここはNBAですから「パスが悪い」「リズムが生まれない」では許されないレベルの確率です。

ちなみに昨季はチームで34.4%。つまりチーム全体がジョージくらいは決めていました。

, , ,

「オープンの3Pをしっかりと決めろ!」

サンダーの当面の課題はそれだけです。 そしてそんな3Pの本数が多いほど得点がとれない傾向があります。「安易に打つな」も付け加えたいところです。しかし、ここにビリー・ドノバンHCの苦悩があります。

シーズン前のプレビューで予想しましたが、そもそもサンダーの弱点はウエストブルックというリーグ最強のペネトレイトを持つ選手がいながら、キックアウトからの3Pを決められなかった事でした。

ポール・ジョージとカーメロ・アンソニーの獲得は単に「ビックネームを獲得した」のではなく、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:
カーメロ
ポール
サンダー
ドノバン
ジョージ
ウエストブルック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」」へのコメント

PG13の昨季末からプレーオフはかなり凄いですよ。それも自分でプレーメイクする必要があっての活躍でしたから、サンダーでお膳立てしてもらえば確率上がると思いましたが、何故かドライブも微妙なんですよね。アテンプトは変わらず多いのでコンディションなのか?

サンダーの場合はウエストブルックがレブロンの上をいく個人戦術力があるので、カーメロが必要かは微妙です。キャブスでもラブはシューターにされてしまいましたし。

まぁ全てはウォーリアーズに勝つためには必要という事でしょうね。

「サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」」へのコメント

なるほど。
そうなると、PG13の1on1を増やすのが良さそうな、、、。
そもそも、PG13の3Pって良い方だけど、特別良い印象もないので、、、。
さすがに、メロの3Pの確率は上がるでしょうし。
3人出ている時のメロは完全にスポットシューターに徹して貰い、他の2人が出てない時は好きにオフェンスしてもらってって、なかなかプライドが許さないか。
まぁ、今もある程度そうなってるのかも知れませんがもっと極端にやるとか。

でも、他の記事読んでも思いますが、レブロンクラスのタレント力がないと、タレント力<戦術との相性なんですね。特にニックスやピストンズを見ると。

それの最たるものがスパーズなのかも知れませんが。

「サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」」へのコメント

個人的な印象としては「ポール・ジョージも3P決めてないな」だったのですが、確率みるとそこそこ決めていました。

では、何故外しているイメージがあったかというと、このオープン3Pが普通レベルだからかもしれません。

リーグで最もオープンで打っているハーデンは49%、クレイ・トンプソンは50%です。カリーは外しまくっていますが。ウォーリアーズ&ロケッツに勝ちたければジョージが50%まで引き上げる必要があります。

ちなみにオラディポも50%です。

「サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」」へのコメント

まさに、このテーマをお願いしようと思っていたところでしたので、ありがたかったです。
引越してから、wowowの契約を外してしまったので、ゲームがちゃんと見れてないので、なんでだろうと思ってました。

スタッツからもFG%悪いなと言う印象はもちろんありましたが、プレイの選択が悪いのか?もしくは、アダムス以外のインサイド(オフェンスリバウンドなど)の問題かとも思ってました。
ただただ、シュート決めれてないのですね、、、。

映像をあまり見えてないので、言い切れないですが、だとすると復調を待つのが良いと思いましたが、、、。

結果は出てないですが、ラスのペネトレイトから3Porミドルは有効だとやっぱり思ってしまいます。。。

あとは、コリソンのハートで引っ張ってもらうですかね。

こんな記事も読みたい

20171109 ピストンズ vs ペイサーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【NBA17-18】LAC vs SAS , トータル15本のスリーポイント👌をヒット、スパーズ勝利。 #GoSpursGo【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 順位決定戦対日大①【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss