バスケのデータ見ながら語ります。

20171108 ニックス vs ホーネッツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

開始から目立ちまくるのはポルジンギス。

しかし、このポルジンギスに触れる前にカンターとハワードに触れる必要があります。リング近辺で仕事をする時代遅れのセンターである2人は、それでも時代に合わせている傾向があります。それは共に走る事。カンターはともかくハワードも結構走ります。なお、ハーフコートでは動かないよ。

起こるのはアーリーオフェンスでのゴール下合わせやオフェンスリバウンド。あの体格の選手が走って来たら簡単には止められません。パワーで圧倒するだけではダメで、走る事でミスマッチを作るわけです。

だからハワードのアリウープも出るし、シェイプされているから、まさかのハワードのクロスオーバードライブなんてシーンも。存在感あるよハワード!

でもカンターも負けません。ゴール下へのハワードへのパスをカットしたカンター。こぼれ球をハーダウェイが拾った時には1番前を走っていたりします。 オフェンスリバウンドも奪ってこちらも存在感。

面白いセンター対決

, , ,

なんでこれがポルジンギスの活躍と関係あるかというと、カンターが走る事で頻繁に起こるのが予定と違うマッチアップ。サイズが大きく違えばなんらかのローテーションしますが、妥協点も出て来ます。 ホーネッツで言えばカンターにマービン・ウイリアムスがつくのは妥協点です。するとポルジンギスvsハワードになります。

ニックスはポルジンギスがミスマッチになるとすぐにポストにボールを入れますが、同じようにハワードとのマッチアップになると、すぐにアウトサイドで構えるポルジンギスを利用します。

カンターのポストアップからキックアウトやスクリーンからのポップシュートなど、パターンは一定ではないけど、そうやって動かして渡せばハワードは3Pまでマークして来ないのは分かりきっています。

ホーネッツは上の3人が小さい事もありマービンにマークされない限りは強いポルジンギス。そこを確実に使って行く、それも一工夫いれてから使うニックスオフェンスは機能的です。

一体、フィル・ジャクソンとカーメロはどれだけ邪魔だったのか?

, , ,

そんな素晴らしいニックスをオフェンスで上回るホーネッツ。こちらはシュート入り過ぎ。

◯1Qの3P 7/9

いやいや、そんなチームじゃなかっただろう。インサイドでハワードが身体を張って、3Pを決めまくられたらお手上げです。それでいてエースはケンバだし。 いわゆる自分達の弱みが強みになってしまったら絶好調なのは当たり前か。42点も取りました。

, , ,

◉セカンドユニットとは言えないホーネッツ

両チームともに強豪とは言い難いのでセカンドユニットはタレント不足の博打みたいになります。それが10試合を経過した事で考え方がまとまってきた雰囲気です。

ホーネッツはゼラーに加えマイケル・カーター・ウイリアムス(MCW)が復帰した事で層が厚くなりました。さらに高さのあるMCWにより3ガードの時間が長くなります。外から攻められなかった昨季のホーネッツからしたら考えられないラインナップ。

また管理人のお気に入りルーキーのマリック・モンクがバックス戦を自分の試合にした事で、どうやら確固たる信頼をえた模様。セカンドユニットはモンクを中心に組み立てられます。

◯モンクの前半 18点 3アシスト 3P 4/8

ポルジンギスを喰った活躍のモンクですが、注目は14分で8本も3Pを打った事。もうそんな設計にされているという事です。多分外しても大丈夫な設計になっているはず。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
カンター
マグダーモッド
ポルジンギス
モンク
ケンバ
ホーネッツ
ニックス
ハワード

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171108 ニックス vs ホーネッツ」へのコメント

ありがとうございます。

ニックスはまだ良い方ですが、注目度が低いとリーグパスに入らない限り、試合も見れなければニュースを読む機会もないので多くのチームに触れて紹介する事を目標にしています。

カンターとポルジンギスの組み合わせは良い組み合わせでしたね。カーメロよりもかなり良い。

問題はセカンドユニットで、エルナンゴメスで組み立てると思ったら違いました。こんな判断するのも「本当にホーナセック?」って感じです。

エルナンゴメスが個人で得点出来るなら使われるでしょうが、今のところはオクイン&ランス・トーマスのブルーカラーに負けてますね。

20171108 ニックス vs ホーネッツ

ニックスファンなので、ニックスの分析は普段以上に嬉しいです。
これまでのニックス分析でもありましたが、whynotさんの分析を見るまでは、「将来のスター候補のエルナンゴメス、何で使わないの?」と思ってましたが、納得しました。(今期はニックス戦は1試合も観れてません)
カンター、サンダーからのトレードの際の熱いコメントで気に入りましたが、戦力としてもかなり役立っているようで、嬉しいです。またニリキナの数字では判らない貢献も、このブログで判りました。
試合を見れてないのに、見れている気分になる、さらに見てもなかなか気付かない点を書いてくれるので、とても面白いです。
いわゆるスター選手以外にも多々フォーカスしてくれるのも、読みごたえがあります。

こんな記事も読みたい

【NBA17-18】BOS vs ATL , 🗡カイリー35ポイント、セルティックスが9連勝🔥。#Celtics【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171107 サンズ vs ネッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171106 クリッパーズ vs ヒート【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss