バスケのデータ見ながら語ります。

20171106 クリッパーズ vs ヒート

このエントリーをはてなブックマークに追加

4Qだけ観ようとしていたところ、リクエストいただいたのでフルゲーム観た試合です。両チームともに直近の試合を観ています。同じチームを連続してみると前の試合の反省が出てきたりします。その反省内容が判りやすいとチームがやりたい事も判りやすかったりします。

◉簡単に抜かれるベバリー

マーク相手はドラギッチ。働き口を与えられたようなベバリー。ヒートは全員でアタックするとはいえ、視野の広さが断トツで違うドラギッチを止めればコートをワイドに使わなくなるのでチームも機能性が落ちます。

しかし、全員でアタックするヒートなので、ドラギッチがプレーに絡まない事もチラホラ。そうやって接戦になりかけたブルズ戦は4Qになって積極的に絡み始めてアシストを量産していました。

反省かどうかは判りませんが、開始からほぼ全てのオフェンスに絡むドラギッチ。ドライブからのキックアウトだけでなく、ドラギッチが持つと周囲のオフボールムーブに対し、しっかりとパスが出てきます。動き出すドライビングオフェンス。

そんなドラギッチのドライブにあっさりと抜かれたベバリー。「あれっ?ベバリー?」と思ったらスイッチしてマークを受け渡しました。

オフボールでもオンボールでもスクリーンを多用しながらドライブでボールを動かしていくヒートに対して、どうも徹底してスイッチする作戦なのか? グリズリーズ戦でもスイッチしてはいましたが、ベバリーならば問題なくついていけそうなシーンで粘らず、マークを入れ替えていたので、日常ではなく作戦と思われます。

, , ,

とにかく酷かったクリッパーズのスイッチディフェンス。ドラギッチが下がり、ジェームス・ジョンソンが出てくると更に明確になります。マーカーはグリフィン。

まずスクリーンの逆サイドをぶち抜かれてダンクされます。味方がスイッチしない事をクレームしていましたが、そこ守らないで何を守ろうというのか?あとでジョーダンに怒られてた。 次にスクリーンからあっさりスイッチします。オフボールになったのでローテーションで戻れば良いのですが、そのまま。スイッチしたのはルー・ウイリアムス。ジェームス・ジョンソンとの体格差ではインサイドを抑えられるわけもなくあっさりと得点を許します。

そんなわけでスイッチで何を守りたかったのか不明なクリッパーズ。1Qで26本のシュートを打ったヒートですが、個人は多くても4本だけ。簡単にスイッチする上にミスコミュニケーションだらけなので、フリーを見つけて3P。5/10。

ヒートの全員アタックをいとも簡単に許してくれたクリッパーズでした。

, , ,

◉簡単に抜いていくベバリー

しかし、ディフェンスが緩かったよりもオフェンスに意識を向けていただけの気もするクリッパーズ。色んな変化を見せてきました。

・マイボールになってからのブレイクパスが早い。 ・ベバリーがPGとしてプレーコールしている。 ・全員が動いてボールを回して攻めようとしている。 ・ガリナリやジョーダンを活かすためにコースを空ける。

つまり戦術グリフィンをやりません。こちらは22本のシュートを打ちましたが、同じく多くて4本だけ。グリフィンは2本のみ。それもショットクロックなくなってのジャンプシュートとゴール下。

大いなる反省をしてきたクリッパーズ。

, , ,

同じ全員アタックですが、それを極めてきたヒートと、この試合でやり始めたクリッパーズでは熟成度が違いすぎます。全く決まらないクリッパーズのシュート。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
デッカー
グリフィン
ドラギッチ
ホワイトサイド
クリッパーズ
ヒート
リード
ジョンソン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「20171106 クリッパーズ vs ヒート」へのコメント

そりゃあそうですよね。デッカーへの万雷の拍手は観客は何が重要だったか判っていたわけです。

一方で息子がジェームス・ジョンソンを守ったわけで、あそこがルー・ウイリアムスなら無抵抗です。実は息子の交代だけは間違っていたとは言い難いかなと。

まぁ、そのフリースローを外したので結果的には間違っていたわけですが 笑

20171106 クリッパーズ vs ヒート

当日、観戦に行った友人によると、最後に親父が絶好調のLuを息子と交代したとこから、会場は大Booingだったらしいです。そして「親子共々トレードだ〜」と叫んでいたそうな。

「20171106 クリッパーズ vs ヒート」へのコメント

こちらこそ勉強になりました。4Qだけでは読めなかった流れでした。

リバースHCがボストンで優勝出来た理由はかなり不思議だったのですが、同窓会企画でガーネットやピアースの会話から、チームを纏めるのが非常に上手いHCなのだと感じました。
ピアースとアレンという積極的なシューターの存在がハマったのだと思います。ピアースのいるクリッパーズはひと味違いましたし。

まぁティロン・ルーも優勝していますからね。メンバーさえ揃えば、優勝に必要な能力は「戦術<チームを纏める」なのだと思います。

リードなどを連れてくるのに、ジェリー・ウエストが関わったのかが気になっています。


20171106 クリッパーズ vs ヒート

観戦記ありがとうございます。
 私のレベルではなかなか理解できない部分はありますが、「HCはおそらくその目にはルー・ウイリアムスが得点した事しか映らなかった模様」というのは腑に落ちました。同時に「息子はガードのくせにFTが下手」というのはだいぶ矮小化して映っている模様。
 本当にこのリバースHCは有能なのか、無能に見えるけど、それならばどうやってボストンでタイトル獲ったのか、常に謎です。


こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/11/4-5 第7節 #レバンガ北海道 折茂選手がスリーポイント👌通算1000本達成🔥 , 1勝1敗。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171106 ロケッツ vs ジャズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

月間MVPを選んでみた 〜2017年10月 【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss