バスケのデータ見ながら語ります。

月間MVPを選んでみた 〜2017年10月

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月の月間MVPを決めてみよう。

こんな感じで決めています。

・スタッツみて優れている選手を確認 ・管理人が観た試合で印象的な活躍をしている

片方だと偏りそうなので両方で考えてますが、実質は観た試合での活躍ぶりです。

ちなみにレポートした試合以外も観ています。多分、普通のNBAを現場取材している記者よりも観ていると思うので、むしろみんなどうやって選んでいるのか?と思います。やっぱりスタッツは大切。

評価基準はこんな感じです。

◯チームの成績は考慮しない。 ・この時代はチームの強さと個人の活躍はリンクしません。 ・チームが弱くても平等に評価したいからです。

◯チームを勝利に近づける活躍をしたか。 ・一方で単にワガママにプレーしているだけの選手も評価しません。 ・チーム設計を考慮して重要性を評価しています。 ・活躍したけどチームに重要ではないと感じたら評価は下がります。

◯戦術の中で輝いた選手が有利です。 ・戦術がないチームは不利です。 ・弱くて好き勝手やって良い設計だと選ばれません。

, , ,

◉10月の月間MVP

デマーカス・カズンズ ペリカンズ 3勝4敗

29.4点(2位)、FG49%、 13.6リバウンド(4位) 5.9アシスト(19位) 5.1ターンオーバー(2位) 1.6スティール、2.1ブロック(4位)

異論は認めません(笑) 個人スタッツでもアンテトクンポを上回りました。 3Pアテンプト7.3の選手としては驚異的なFG%です。上をいくスプラッシュブラザースは異常ですが。

カズンズを「センターなのに」と定義してはいけません。このブログでは「デカくて強くて遅いレブロン」と評していますが、カズンズのポジションはカズンズオリジナルです。レブロンに似ています。多分、ポジション表記で損しています。カズンズがフォワードだったらアンテトクンポよりも何でも出来る7フッターと呼ばれていたはずです。

大切なのはその役割がペリカンズを強力なオフェンスチームにしているという事です。キングス時代は単に変な事している走らない選手でしたが、中外問わず起点になる能力はレブロンをも上回ります。べた褒め。

特にアンソニー・デイビス離脱時の獅子奮迅の活躍は印象的でした。MVPに選ばれたのはこれが大きかったです。このブログでは得しました。

, , ,

◉2位 エバン・フォーミエ マジック 5勝2敗 22.0点、FG54.5% 3P55.6%、FT96.0%

マジックから誰か選びたいという早くも評価軸ブレブレの選出ですが、ゴードンを活かす設計になるマジックの中で、実はかなり難しいシュートを選択させられていたのがフォーミエ。 フリーになったら打っているマジックですが、1人だけどんな状況でも打つことがあるのでディフェンスには厄介でした。それを55%決めたのだから貢献度の高さが光ります。

動き回るフォーミエをフリーに出来ないからブセビッチが空くし、ブセビッチとフォーミエに広げられるからゴードンが活きる。戦術として基軸はフォーミエだろうという管理人の捉え方です。

, , ,

◉3位 マルク・ガソル グリズリーズ 5勝2敗 20.1点、9.7リバウンド、3.1アシスト

スタッツよりも貢献度が非常に高いのがガソル。基本的に相手の弱い部分を常に狙っていくため、相手からすると全てをガソルによってズラされてしまいます。それがグリズリーズのバランスアタックを生み出しています。オフボールのプレーメイカーです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:
フォーニエ
カズンズ
アンテトクンポ
ハーデン
ガソル

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【Bリーグ】2017/11/5 G13 #富山グラウジーズ🔥○81-66●新潟アルビレックスBB。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171105 クリッパーズ vs グリズリーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【男子バスケ】W杯1次予選は最低でも3勝3敗!【隼→AKATSUKI★籠球部】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12669
  • 累計のページビュー:1321094

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss