バスケのデータ見ながら語ります。

20171022 ラプターズ vs シクサーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

出来るだけ1回は全チーム観ようと思っているのですが、早くも2回目のチームが出てきました。相当計画的に観ないと無理ですが、そこまではしません。

観たかったのはラプターズ。初戦はブルズ相手だったので勝利自体には驚きませんが、その中身が凄かった。

ラウリー 12点 9アシスト デローザン 11点 5アシスト

エース2人で僅に23点。こんなに得点しなくて勝った試合あるのかと昨季を探すとどっちかは得点している感じでした。 ただ、ラウリー欠場でデローザンのみ。でも10点少し、みたいな時に勝つことはありました。なくはない、という事でしょうか。

しかも2人でアテンプト16本のみ。昨季は平均36.2本なので半分以下です。全員でバランス良く打つようになりました。

バランチューナスは17本と多かったけど、それはオフェンスリバウンドを8本もとったからです。

そしてアシストは26。昨季はリーグ最下位のアシスト数だったのですが、26はリーグ2位相当の数字です。

これらはたまたまだったのか、狙っているのか?この日の相手はシクサーズ。ディフェンスが厳しいわけではないので、目の前の得点に拘らずやりたい事を優先してやりそうです。

, , ,

シクサーズは開幕2連敗。 ウィザーズ、セルティックス、ラプターズとイースト上位と続きます。この後4試合中ロケッツ戦が2つあるという厳しい日程。

しばらくは修行期間です。

, , ,

◉エンビートのいないシモンズ

エンビートはお休み。初戦で感じたのはいない方が適切なフロアバランスがとれます。自由なスペースを謳歌するシモンズ。フルスピードじゃないけど常にパスを意識させるので抜ける感じは昨日のロンゾに似ています。あれはディフェンスも酷かったけど。

プレシーズンでは入らなかったショートレンジが面白いように決まるシモンズ。決まるのが普通だけど。慣れてきたのとラプターズのサイズ不足かな。

, , ,

交代の早いシクサーズはフルツが出てくるとPG役を交代します。試したいのだろうね。 動きは悪くないフルツだけど、ドライブしての決定力が高いかというとまだまだ。 アーヴィングなんてそのシュートスキルの高さで圧倒しているわけで、「ドライブしても決まらない選手なんて怖くないよね。」とばかりに中途半端に守るラプターズにハマってしまったフルツ。

自分で打つときはファールをもらうのも含めて確率が低かったわけではないけど、パスを選択した時にアシストにはならないパスになってしまいました。ラプターズはパスの選択をさせるくらいに守ってキックアウトを警戒します。

1回だけシモンズが綺麗に合わせたけど、フルツの時間は展開に乏しくシモンズも出てるだけになりました。

, , ,

エンビートが出てるとボールラインが高くなってシューター陣が活きない事でしたが、それはシモンズとフルツがいない時間も同じでした。フルツは良くはないけどドライブでディフェンスを動かしているので。

点を取る意識が高くなったシモンズとシューター陣の相性は良いのですが、足が止まります。

どっちもどっちですが、3試合目にして戦術シモンズ感が増してきました。フルツとシモンズ両方をベンチに置くのはやめた方が良いです。

そんな時間にオフェンスは停滞していました。

なお、シモンズは点はとるけど、イージーなキャッチミスもしていたので多分お疲れです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
デローザン
シモンズ
シクサーズ
ラプターズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017' 男子第69回 北海道大学バスケットボール選手権大会 (インカレ予選) Game11 星槎道都大● 70-84 ○札幌大。【星槎道都大学 男子バスケットボール部 BraveFoxies】

【#Bリーグ】2017/10/21 Game7 #富山グラウジーズ🔥○93-92● 京都ハンナリーズ。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

20171020 サンズvsレイカーズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2276
  • 累計のページビュー:2028402

(01月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss