バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ロケッツ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ポールの加入により今季の目玉チームになったけど、カーメロを獲得する寸前までいってたので、プレビューしなかったロケッツ。今となれば早々にプレビューしても良かったわけです。

超豪華メンバーというわけではないけれど、リーグで3番目に勝利したチームは連携が売りなわけですが、選手の入替もかなりありました。 優勝レベルまで進化した事のないシステムなので、必要かもしれない変化を求めたとも言えます。そんな点にも触れていきたいですが、先ずはクリス・ポールに触れましょう。

, , ,

◉CP3×ハーデン×ダントーニ

第1印象はCP3×ハーデンは最悪、CP3×ダントーニは最高です。どちらに針が振れるのか悩ましいですが、ハーデンの言葉を信じてポジティブに捉えています。要約するとこんな感じ。

・CP3は全てを自分でプレーメークしなければならなかった。 ・2人でメイクすればお互いを補い合える。 ・どちらがPGかは関係ない。

サンダー時代にはボール持ちたがり選手とプレーしていたハーデンがCP3を求めた事は驚きですが、それだけ個人的には問題ないという事です。

, , ,

①遅い2人

クリッパーズの問題点はウォーリアーズに次ぐ高いレーティングを残しながらペースコントロール不足で勝利には結びつけられなかった事です。その要因の1つはCP3がボールをプッシュする早さに欠けていた事です。

◯オフェンス平均移動速度 クリッパーズ 4.26(29位) CP3 4.28 ハーデン 4.06

そしてハーデンもまた動きません。2人ともガードとしては下位レベルです。ちなみにカリーは5.13です。 走らないガードコンビなんて相手にとっては守りやすいでしょう。最悪たる理由です。

しかしダントーニといえば早い展開。

相性は悪そうに思えますが、早いけど速くないのも特徴です。走るのではなくベリーアーリーオフェンスです。 以前の記事で触れています。 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/148

走力でフリーになるのではなくワイドに広いてディフェンスのギャップを作り適切なポイントにパスを出していく。早く正確な判断が重要なのでCP3はむしろ合いそうです。

◯オフェンス平均移動速度 ロケッツ 4.42(22位)

ハーデンが最後尾なのは事実だけど、2人がそれぞれもう少しずつ走れば解決する問題に過ぎません。ボールを運ばない方が早くワイドなポジションにつく事が必要です。

そこからフィニッシュに持ち込めれば、ベリーアーリーオフェンスはより怖くなります。 それすら走らない構図も容易に想像出来ますが。

, , ,

②ボール持ちすぎ問題

2人ともボールを持ってプレーするタイプです。これが最大の懸念とされています。ハーデンの言葉を信じれば、お互いのプレーメイクを尊重し、それぞれが時にフィニッシャーに回る事になります。

◯パス本数 ロケッツ 272.5(28位) ハーデン 66.6(3位) CP3 64.0(4位)

そもそもPGが長くキープしてからアシストするチームなのでボールムーブは不要です。2人とも必要なパスは出します。なので持ち過ぎ問題は気にしません。

懸念すべきなのは「ボールを持ちすぎる」事ではなく、「オフボールの動きの質」に不安がある事です。フィニッシャーとしての役割を果たせるかどうか?です。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
ダントーニ
ハーデン
クリス・ポール
ロケッツ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【男子日本代表】2017' FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選 日本代表候補選手発表。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対立大②【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【#オールジャパン 2017-2018】全日本バスケットボール選手権大会、3次ラウンド組み合わせ決定。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss