バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ティンバーウルブズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン終了後にFAとなっていたカスピは「このチームは来季50勝する価値のあるチームだ」と発言しました。若きスターも揃い再建段階から抜け出す時期だという事です。

しかし、それから3ヶ月すると「50勝するのは当然」のチームになりました。スターを残した上でまさかの超大型補強に成功し、リーグで最も将来性のあるチームの地位はそのままに、今季の優勝候補の一角に躍り出ました。経験不足で実際に優勝するとは思われていませんが、それくらいの価値があるチームになったという事です。

, , ,

新加入の選手が多過ぎる上に、彼らが中核を担うので昨季のデータはあまり価値がありません。まずは簡単に昨季の反省を確認し補強の流れに沿っていきます。

◉わかりやすかった弱点

◯オフェンス レーティング 108.1(10位) FG 46.7%(8位) 3P 34.9%(20位) アシスト 23.7(9位) リバウンド 11.4(6位) ターンオーバー 14.0(19位)

レーティングは順位こそ10位ですが、108あるので高いオフェンス力を誇りました。それでいて3Pの確率が悪く、ターンオーバーも多いので若いチームならではの改善ポイントがあるといえます。

つまりチームの戦術的熟成とシューターの獲得があれば、まだまだレーティングが上がる要素があるわけです。 特に3Pはアテンプト21本はリーグ最低で成功数7.3も最低です。ザック・ラビーンの負傷離脱も響きました。

, , ,

◯ディフェンス レーティング 109.1(26位) 被FG 47.5%(28位) 被3P 36.6%(23位) リバウンド 31.0(29位) ブロック 4.5(19位) スティール 8.0(12位)

ディフェンスは酷い有様です。スティール以外はどれもこれも全く守れていません。 シボドーHCはディフェンス指導が売りだったはずですが、前年よりも悪化させてしまいました。

特に酷いのはリバウンド。オフェンスリバウンドはとれるのにディフェンスリバウンドはとれません。タウンズは8.9と強く、PFのジェンも及第点なのですが、次にとっているのがルビオ3.2となります。SFウィギンズやベンチ陣がとれないのが問題でした。

, , ,

そんなわけでシーズン終了後まで時間軸を戻せば、補強すべきポイントも明確でした。

・3DタイプのSGとSF ・リバウンドのとれるバックアップ

前者は言うほど簡単ではないので、分業で2人のイメージですが、概ねサポートキャストを加えれば良いくらいでした。

ウィギンズ&タウンズというオフェンスの中心がハッキリしているので、そこに誰を付け加えるかだけが課題でした。

, , ,

◉ジミー・バトラーの獲得

獲得したのはまさかのオールスター選手でリーグ最高レベルのディフェンス力を誇る2wayプレーヤーでした。

23.9点
FG45.5% 3P36.7% 6.2リバウンド 5.5アシスト

3Pはもう少し高いと理想的でしたが、注目すべきはリバウンドとアシスト。エースキラーとしてだけでなくリバウンド面でも力になるため、考えられる中ではポール・ジョージと並び最高の補強をしました。

ウルブズはこの時点で既にトップチームに加わるメンバーが揃い、50勝は現実味を帯びてきました。

この時点で懸念事項となったのは次の3点です。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
ウィギンズ
タウンズ
ウルブズ
ティーグ
バトラー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA17-18】楽天とNBAが日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップ契約! #NBARakuten【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

vs滋賀レイクスターズ【光れ、回れ、そして走れ!〜ブレイブサンダース応援ブログ〜】

【#Bリーグ】#レバンガ北海道 vs 横浜ビー・コルセアーズ , 北海道がホーム開幕節で2連勝。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:10994
  • 累計のページビュー:1724631

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. バトラーのトレードを考える

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss