バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー ペイサーズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・ジョージを放出したペイサーズ。裏切りとも捉えられるけど、グレンジャーを放出した話やキャブスへのトレード話、そして補強に舵を切らなかったのだから仕方ない。カーメロまで獲得したサンダーと比較したらもう。

ついでにティーグも失います。まぁ残ってても未来はありません。 後付けですがCJマイルズはトレードで、モンタ・エリスもバイアウトしたので、完全に前を向く事にしました。

出場時間トップ6のうち4人がいなくなりました。

, , ,

◉ポール・ジョージありきだったけど

昨シーズンからペイサーズは変化を始めていました。それはビッグマンをやめてルーキーシーズンに活躍したマイルズ・ターナーをセンターに据えた機動力重視のラインナップです。

ポール・ジョージの獅子奮迅の活躍でプレーオフに進むと、キャブスを苦しめました。4連敗したけど逆転ブザービーターがリングに嫌われたり、大量リードをベンチに逆転されたりと惜しかったのも事実です。

そこで活躍したのはまさかのランス・スティーブンソン。各チームで失敗したのにペイサーズでは活躍する謎です。

結局のところ、機動力重視にした時に中外問わず動くウイングを多くしないと意味がなかったといえます。ポール・ジョージはヘイワードを希望しましたが、そんなチーム構成を早くからとっていれば残っていたかもしれません。

ペイサーズの失敗はロスター構成の失敗でもありました。

, , ,

◉ターナーを活かさなければならない

そんなシーズンを終え、エースを失い、よりターナーを活かす必要があります。でもスターを獲得するのはムリです。

そこでペイサーズは標準以上の選手を多く集める方針にシフトしました。

PG コリソン、ジョセフ SG オラディポ、ロビンソン三世 SF スティーブンソン、ボグダノビッチ PF ヤング、サボニス、(TJリーフ) C ターナー、ジェファーソン

サボニスはTJリーフに目処が立つならばセンター起用、というかPFダブル起用にしそうです。

他にも若手を集めていますが、それなりに経験も積んでNBAでの立ち位置も定まってきて計算出来る選手達です。 スターにはなれないけど、長くリーグに残れるレベルにはある選手ばかり。

, , ,

多少の例外はあるものの、

・個人のディフェンス力がある ・25分10点にアシスト+リバウンドで8が期待できる ・中外両方の得点パターンがある ・アンセルフィッシュだけどシュートは積極的に狙う

こんなプレーヤーばかりを集めました。つまり役割が固定化されていた昨シーズンと違い、柔軟性がありつつ、誰もが主役としてプレーすべきチーム構成を目指しました。リクルートが弱いカレッジみたいなバスケです。

, , ,

ターナーを活かすと言いつつも、個人で打開するようなタイプではありません。全員が動く事で全体の機動力の優位性を活かしたいわけです。

ボグダノビッチだけはシューター寄りですが、他の選手は外から打てばドライブも多用します。打開力には欠けるけどフィニッシュ力はあり、パスはするけどシュートを譲るわけでもありません。

スターがいないため、スターを活かすような特定のスペシャリストではなく、オールラウンダーを複数用意する戦略を選んだといえます。スティーブンソンはPG的に振る舞うなど、ポジションレスを推し進めるメンバー構成でもあります。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
オラディポ
ターナー
ペイサーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA17-18】MIN vs. GSW , 中国🇨🇳でプレシーズン開催、王者ウォリアーズはティンバーウルブスに敗戦。#NBAPreSeason【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

17-18シーズンプレビュー ラプターズ編【バスケのデータ見ながら語ります。】

【NBA17-18】HOU🚀 vs. OKC⚡ , Cポール、カーメロ、Pジョージが新天地デビュー。#NBAPreSeason【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:9828
  • 累計のページビュー:1668782

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss