バスケのデータ見ながら語ります。

17-18シーズンプレビュー シクサーズ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年連続ドラフト1位を得たシクサーズ。メンバーの豊かさから、バークレーにプレーオフに出れなければ失望するとまで言わしめた期待値の高さです。でも経験値はとても低いです。

PG マーケル・フルツ(マッコネル) SG レディック(スタウスカス、ヘンダーソン) SF シモンズ(コビントン) PF サリッチ (アミール・ジョンソン、ホルムス) C エンビート (オカフォー、ハンフリーズ)

若手の中にレディックとアミール・ジョンソン等を加えて各ポジションにバランスよく選手を揃えました。若手が多くて年俸が安い分、層が厚いです。 また、若手達もドラフト上位のスーパースター候補もいれば、2巡目やドラフト外から這い上がった選手もいます。

, , ,

◉若手有望株というけれど

一応、ポジション別に分けましたがあまり意味はありません。チームはバランス良く集めましたが、選手達は比較的自由に、ポジションレスにプレーします。 それは若手有望株にありがちな奔放なプレーではなく、パッシングになるのだから素晴らしいものがあります。

◯パス数 354.7(1位) ◯アシスト数 23.8(8位) ◯ドライブ数 33.3(4位)

エンビート、オカフォー、シモンズ、フルツとこの4年間のトップ3で指名した選手達は前評判が高く、概ね順当な指名だったのでシクサーズが意図的に選んだわけではないのですが、結果的にパスが好きな選手が多く集まりました。

2位に30本近い差をつけて断トツでボールを回します。ディフェンスを動かしてギャップを作りドライブするのがスタイルです。

◯オフェンス平均移動速度 4.89(1位)

そしてどのチームよりも動きます。人とボールが動き回り、切れ込んでいくスタイルは全員がプレーに絡むので、多くの若手を成長させる環境になります。サボっちゃダメだし。

課題はパス数の割にアシストが少ない事。完成度が高まるにつれてパス数は落ちてアシストは伸びていくはずです。

, , ,

◯アイソレーション 6.4%(24位) ◯ピック&ロール 12.3%(29位)

流行りのプレーはどちらも多くありません。前回のホーネッツではピック&ロールが多いのに動き過ぎとしましたが、シクサーズは理にかなっています。ウォーリアーズもこんな感じ。

◯スポットアップ 23.0(2位)

代わりに多いのが起点となる人にボールを預けて周囲が合わせる動きです。セルティックスやスパーズで目立つプレー。 ただし、これをよくやるのはコビントンとサリッチで成功率が高くもないので減るでしょう。

中核メンバーが揃っていない事もあり、人もボールも動いて良い感じのオフェンスを展開しているけど、決め手に欠けていたのも事実です。散々回してそのシュートかよ、みたいな選択も多いです。

, , ,

◯オフェンス レーティング 100.7(30位) FG% 44.2(27位) 3P% 34.0(25位)

動きの良さとは裏腹に決定打を欠き過ぎています。お粗末なオフェンス。シーズンが進むにつれて改善していきましたが、それでもまだリーグ下位にいます。

とにかくシュート確率が悪い事が問題で、イージーシュートも外します。

◯ワイドオープンショット アテンプト 17.3(8位) 2P成功率 52.4%(25位) 3P成功率 38.0%(17位)

動いているだけあってオープンな状況を作れていますが、シュートが入りません。 2Pはオープンでも決められない。逆に3Pはオープンなら普通なのですが、トータルの確率が低いのでセレクションが悪いと言えます。如何にも若いチームっぽい。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
TJマッコネル
オカフォー
エンビート
フルツ
シモンズ
シクサーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

全バスケファン注目の動画!マイケル ポーター&一族!4姉弟Missouri大バスケ部在籍 MPJ来年NBA全体1位へ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【NBA17-18】🗡カイリー・アービング、プレシーズンで☘セルティックスデビュー。#NBAPreSeason【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対順大②【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:9828
  • 累計のページビュー:1668782

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. カイリーのトレードが決まらない
  4. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss